【お知らせ】ブログのURLが変わりました。
 旧: http://blog.livedoor.jp/hikaru814/
 新: http://hikaru814.livedoor.blog/

全体的にうすーくうすーく晴れた北西部からこんばんは。
窓辺で寝ている猫をなでるとほんのり温かくなっているくらいのお日様です。

さて。

今朝は起きていつものルーティンをこなして、寝室兼書斎へ出勤したのですが。
しばらくしてから、お茶お茶、と階下に降りたら今朝飲んだコーヒーのマグがなく。
あれ?なんて思いつつも、別にマグは他にもあるので特に気にも留めずにお茶を淹れてまた仕事に戻りました。

途中、夫が部屋に入ってきて、

「今朝のコーヒー美味しかった?」

おう。

「本当に?」

いや、いつものコーヒーだったと思うけど?

ニヤニヤする夫が言うには、コーヒーカップはほとんど手付かずの状態でマントルピースの上で冷たくなってるよ、と。

まじか…!

いつものルーティンにささっと床の乾拭きというのがありましてね。
朝ごはんを食べてから、コーヒーを合間にすすりつつ猫の毛収集に床を拭くというのをやるのです。

ただ、小さな猫砂が床の端の方に飛んでいたりして、それが乾拭きクロスにひっかかると床をギリギリと引っ掻いてしまうので、ほうきとちり取りで集めてーなんてやっていると今度は両手が必要なので、コーヒーマグをあちこち一緒に移動させている時があるのですが、今朝はそのままマントルピースに置いて忘れていたようです。

もうすっかり飲んだ気になってた…。

わたしのコーヒーは飲むことが重要ではなくて、単なる朝の儀式ということかな?

わたしの海馬は大丈夫かな…?

200729
家にいすぎだからかな?


人気ブログランキングへ ← それもこれもコロナめ〜。
このエントリーをはてなブックマークに追加

昼間ちょっと太陽が出ていたのにあっという間に雨が降り、今は曇りの北西部からこんばんは。

さて。

薄くロックダウンが続くイギリスで、最近はオンラインで買い物をする機会がずいぶん増えました。
家にほぼいるので確実に受け取れて、世の中便利になったもんだなーと遅ればせながら文明に感心している今日この頃です。

特に猫のごはん類や砂はオンラインショップの方がちょっと安かったりするので、最近はもっぱら夫が「猫ごはんオーダー係」の役をかって出てくれています。

今日はその荷物が届く日だったのですが、夫はパン屋さんにお出かけ中。
ちょうどお昼の時間だったので、今日は残ったキャベツでお好み焼きにしようと、ボウルに小麦粉とだしパックを封を切って入れたところで、ドアのベルが鳴りました。

ブーさんはドアへ走り、びびり姫ジェマは階段の角でドリフトしながら2階へ逃走。
無事、猫のものだけが入った大きな段ボールを受け取ったところで、あ、ちょっとトイレとわたしも2階へ。
この時、慌ててドアへ向かったので、キッチンの戸を閉め忘れていることは忘却の彼方です。

さあ、お昼の続きをとキッチンへ入ったら、ジェマは

「あ!見つかった!」

という顔をしてボウルの横で直立不動のまま口の周りをペロペロし、ブーさんは反対側で満足そうに顔を洗っています。
その後2匹でぴゅーっと一目散に走り去りましたが、ボールの中のだしを明らかにおいしく味見した跡が…。
そりゃおいしいよ、茅乃舎のだしだもの。

ジェマは基本、人間の食べ物には興味を示さないのですが、うちには食に熱い兄さんがいるため、お兄ちゃんが食べてるならきっとおいしいね!と仲間になるときがあります。

200728
「ジェマはなんにもしてませんよーだ」

イノセントを装う妹分と黒幕。

ちんぴら兄妹、知恵をつけてきた。


人気ブログランキングへ ← 油断ならん。
このエントリーをはてなブックマークに追加

厚い雲の隙間から時折太陽がぴかーっと出るボルトンからこんにちは。
部屋が明るくなったと思ったら突然暗くなる、というのを繰り返しております。

さて。

昨日突然の政府発表で、スペインからの旅行者(入国者)は14日間の自己隔離が導入されたイギリスです。
スペインでの感染者がまた急激に増えている、ということが理由のようです。



隔離を避けたい人は土曜の夜11時までに英国へ帰国するように、とのことでスペイン旅行へ行っていた旅行者で帰国後の2週間隔離はできないという人が、慌てて便を早めて帰国など混乱もあったようです。

一部イギリス人のホリデーに対する情熱は、わたしにはちょっと想像を超えた部分があり、コロナ禍という未曽有の状況であっても「で、今年我が家はホリデーに行けるの、どうなの?」というところの関心がものすごく高いのです。

人によってはもう何か月も前から(クリスマス明け、1月あたりが風物詩)予約をして心待ちにしている人が多く、キャンセルは本当に本当の最終手段。
特にスペインは何はなくとも太陽を求めるイギリス人には人気の旅行先です。

なぜ今そんなリスクを押してまで、と家好きのわたしは思ってしまうのですが、そこは人それぞれ。
情熱の先が違うというだけの話です。

皮肉なのはこの突然の発表で、ヨーロッパの比較的安全な国と連携してホリデーを可能に、の旗振り役だった英国の運輸大臣が現在休暇でスペインにおり、彼も隔離対象になるということです。

200726a
家にいたらいいのよ。

200726b
あー、手がうまい。


人気ブログランキングへ ← ジェマは毎日ホリデーだものね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ