【お知らせ】ブログのURLが変わりました。
 旧: http://blog.livedoor.jp/hikaru814/
 新: http://hikaru814.livedoor.blog/

aed96f5d.gif6時起床。前の夜そんなに早く布団に入ったわけでもないのに、パッチリ目が覚める。われながら現金だなぁ、と思いつつ支度。
前日の荷造りの甲斐あって(?)、スーツケースの機内持ち込みに成功。うはははは。
飛行機は時間通りに搭乗はできたのだが、離陸までにしばらく時間がかかる。その間、

「えぇ〜、良いニュースと悪いニュースがございます。悪いニュースは離陸にちょっと遅れます。良いニュースは遅れる原因は皆さんの荷物を現在積めこんでいる最中だから、ということです」

という機内アナウンスが入る。乗客は「はっはっは!」なんて陽気に笑っていたが、私は横で安堵のため息。これでワタシが荷物を預けていたならば、十中八九、ワタシの荷物はなぜかギリギリで間に合わなかった荷物の一つとなり、どこか知らない異国の地へ飛ばされていたに違いない。おお、くわばらくわばら。

コペンハーゲンどしゃ降り。
昨日の「世界の天気予報」、コペンハーゲン「晴れ」は一体・・・。傘を持ってきておいて良かったよ。その後晴れたり降ったりの天気が続く。
ホテルで一休みをしてから早速街へ繰り出す。ホテルはTivoliパークの向かい側、ということでかなりセンターで、駅にも近く動くのに便利。
とりあえず、という感じで「Dansk Design Centre」へ。北欧をはじめ、世界のコンテンポラリーデザインの展示、ということで常設のものと企画物とショップが一体となっている。入場料は40k。£4か。建物自体はとても「北欧」という感じでよかったのだけれど、催し物自体はまあまあ。場所もそんなに広くないので、展示されている物も少ないし、これで入場料を取るとは、おぬし・・・ムムムムム、という感じだ。

その後、Paludan’s Book-Caféで遅めのランチ。ここは古本屋さんとカフェが一体になっている。本を読みながら(デンマーク語ができたらね)お茶が飲めて、雰囲気も内装も良い。メニューはすべてデンマーク語なので、英語と同じような単語以外は想像あるのみ。ハモス(ヒヨコマメのペースト)のオープンサンドイッチを注文。うまいっ。カフェオレもうまいっ。が、イギリスで買うひとパッケージ分くらいたっぷりハモスが乗っかっているので、その後胃がもた・・・うぷっ・・・。

街を探索。とりあえず地図など見ずに適当に歩く。と、日本食材店発見!!おお!!!
胃もたれの体持ちに「十六茶」と「お子様せんべい」はまぶしく見えた。イギリス北部では見ることができなくなった納豆も什器にあふれんばかりに詰まっている。ああ、ビバ納豆。がもちろん買うわけにも行かず、お茶とおせんべいを握りしめレジへ。お茶は日本円だと500円くらいだけれど、そんなこと考えてはいけない。

早起きのせいかここ数日の不摂生のせいか、はたまたハモスのせいか、頭痛がしだす。いかーん、こんな旅先で具合が悪くなっている場合ではない。明日は誕生日だし。ということで薬とビタミン剤を口に放り込み、夜は部屋でおとなしくすることにする。
ボブ男をパブへ送り出し、ワタシはお子様せんべいをお供にテレビを見る。デンマークにもハリウッドの進出は目覚しく、しかも日本と違って吹き替えではなく字幕つきで放送しているものが多いようでデンマーク語がからっきしのワタシにも見られるテレビがあるのだ。
そろそろ寝ようか、ほぉお子様せんべいの消化の良さはα化なのか、でも消化が良すぎてお腹すいたかも、などとパッケージを眺めつつ思っていたら、ボブ男ピザの箱を片手に登場。
「お腹すいたかな、と思って」
ああ、いつもは間が悪いのに、今日は絶好のタイミングだよ、ボブ男よ。ありがたく冷めたピザをいただく。

4d6c4060.gif明日の朝から旅行です。
コペンハーゲン4泊5日の旅。
北欧は初めてなのでかなり期待しております。
偶然お隣さんも最近コペンハーゲンに行ったばかりで、そのへんどうなのよ、と話を聞くところによると、

「とってもステキな所だけれど、とにかくなんでも高いわよっっ」

だそうで。
ビールが一杯£5近い、という話。
マジですか。
ワタシのガイドブックによると、£3くらいなのだが、これはウソなのか???
出発前からすでに惑わされているワタシ。

去年のミラノの悲劇(本サイト、「つれづれ話」参照)を繰り返さないためにも荷物は極力最小限、極力軽く、すべて手荷物で機内持ち込み、をモットーに現在奮闘中。大丈夫かなぁ。

オットはまだ旅行かばんさえ出していない。
そんな荷造りに誠意を見せないオットなのに、やつのかばんはいつも無事だ・・・。なんでだよぅ。

というわけで行ってきます。

e5c605ae.gif先週、友人宅で覚えやすい「ひらがな」「カタカナ」の本をかしてもらい、意気揚々と帰宅したオット。
一応我が家にも「ひらがな」の本はあったのだが、コンセプトが「絵と語呂合わせで覚える」というもの。
オットも挑戦してみたのだが

「な、なんだか覚えづらい・・・」

で、見せてもらうと、例えば「そ」の場合、鳥の絵でくちばし部分が無理やり「そ」の形でできており、キャプションが

I have a song bird. So what!
(歌う鳥を飼っています。だから何!?)

これは一体・・・。
絵も語呂合わせにもかなり無理があるので、結局覚えるためにはそのひらがなと絵と語呂合わせを3つ覚えなきゃいけないことになり、手間3倍。意味ないんじゃないのか。
今回借りてきたのは字の元になった漢字や色々な使用例、書き順、覚え方、ミニ知識などが1ページごとに盛り込まれており大変学習しやすいつくりになっている。

ボブ男早速マス目入りの学習ノートを購入。
なんだか静かだなぁ、と思っていたらノートを片手に下におりてきた。
「見て見て!ホラっ」
というので見てみると、ノートにぎっしりと

「リ」

の文字が。なぜいきなりカタカナなのか。しかも「リ」から。
いや、しかし頑張っているのに水をさしてはかわいそうだと思ったので黙って様子をみていると、次に持ってきたのは

「ヘ」

へ?「リ」の次が「ヘ」?どういうことかな、と思いこっそりテキストをチェック。後半部分がワークブックになっておりその通りにレッスン1からはじめると簡単な文字からということで最初のカタカナは「リ」ということらしい。なるほどね。
学習ノートのほかにもA4の紙を用意して、ランダムに「リリー」なんて書いて悦に入っていた。
今現在の段階で練習したのは「リ、ヘ、カ、キ」。たまにワタシが赤ペン先生のように添削。
「すごいね、カが上手だね〜」
なんて。
オットは褒めてのびるタイプだ。あと42文字。ひらがなもあわせると88文字・・・。
ほ、ほめまくるぞ〜・・・。

↑このページのトップヘ