【お知らせ】ブログのURLが変わりました。
 旧: http://blog.livedoor.jp/hikaru814/
 新: http://hikaru814.livedoor.blog/

そういえばうるう年だったのだ、と今日になって気がつく。
そして、うるう年のこの日は女性からプロポーズしてもOKな日なんだそうで。どういう経緯でそうなったのかどれくらいの歴史があることなのか詳しいことはわからないが、「フェミニズム」文化がまだそこそこ根強く残っているこの国でちょっと不思議な慣習だ。
まあ、「ワタシは男と対等に生きていくのよぅっ」と強気な女性でもプロポーズはやっぱり男性側からされたい、というのが本音なのかな。

金曜日に本屋さんのトイレで子供に襲われる。
母と8歳と4歳くらいの娘2人連れで、トイレに入った時点ですでに娘2人はコントロール不能状態。2人で一つのキュービクルに篭っているらしく、お母さんは「はぁ〜」と大きなため息をもらしつつ、
「今日は2人とも本当にノーティなんだからっ。何をしてるの?鍵を開けなさいっっ」
で、お姉ちゃんのほうがトイレからぶーぶー言いながらでてきて、
「ズボンをあげないといけないでしょっ、もーっ」
「なんでそんなところでズボンを上げるの、中でしなさいっ」
「だってドアを開けろって言ったじゃないーっっ」
という感じ。
うーん、なんだか嫌な予感がする。早く退散しなくては、と思いつつ結ってお団子にしていた髪が崩れてきていたので手早く直そうと鏡に向かっていると、手持ちぶたさになったお姉ちゃんがつつつーと寄ってきた。い、いかん…。
「こんにちは。あなたどっからきたの?」
「日本です」
「へー、日本。お父さんもお母さんも日本にいるの?」
「そうだよ」
「じゃあ、お父さんもお母さんも日本人?」
「うん、そうだねぇ」
「その髪型ステキね」
「どうもありがとう」
洗面台の脇においていた髪飾り(かんざし状のもの)を掴んで
「これ、どこにつけるの?ココ?ココ?」
と適当にワタシの前髪にぐりぐりと刺し始めた。いっ痛いよう。
「ううん、違うよー、お団子のところにつけるんだよー」
でもまだお団子の途中で両手がふさがっていたので、いったんその前髪に刺さった髪飾りをはずして洗面台の脇に置きなおす。
するとまたそれを掴んで
「え、ココにつけるんじゃないのー?ココ?」
とまた同じところに無理やり刺そうとする。ひー、勘弁してくれーーっ。
母親は小さいほうの娘のトイレにかかりきりでもう一人の娘が一般市民にからんでいるとは気づいていない。
「違うよー、そこじゃないよー」とけん制しつつダッシュで髪を直す。前髪に刺さった髪飾りをお団子にとりゃっと刺し直すと
「あー、お団子につけるのね〜」(だからさっきそうだって言ったじゃないよ〜)
これ以上からまれても困るので、有無を言わせず
「そうだよー、じゃあね、またね。バイバーイ」
と苦笑いしつつ横っ走りでその場を離れた。
なんだかドッと疲れてしまった。ふぅ。

朝から良いお天気。でもめちゃくちゃ寒い。昨日の週間予報ではYorkshire地方月曜日まで最高気温3度の日々らしい。くぅ。風があるので体感温度はさらに低い。顔の筋肉がこわばる寒さだ。
やっぱり去年の夏が異常気象で暑かったから冬も異常気象ということか。そういえば夏ごろに「これでは冬は大雪で玄関が開かないとかなるんじゃないか」なんて書いたけれど、あながち冗談には終わらなかったかも。雪はそれほどでもないけれど。

とここまで書いたら隣の猫ビリーがキーボードの上を横断。わーーー。
ここ一週間ほどお隣はお家の改修期間に突入。先日は窓全部を取替え、今日は裏のポーチを取り替えているらしい。ということで人の出入りはあるし、家の中は寒いし、ということで最近ビリーは頻繁に我が家に入り浸っている。
勝手口を開けるとにゃーにゃー何かしばらく文句をたれながらも一目散に暖炉の前を陣取るのが習慣だ。
今日はおしりにガムをつけて訪問。一体どこでねっころがってきたのか。

先日「ポストが小さくて入りませんでした」ということで不在票が入っていたので、その荷物を受け取りに行くついでに、テスコに証明写真を撮りに行く。
職場でIDカードを作成するとかで写真を一枚もってこいとのこと。実は仕事を始めたばかりのころにやはり同じ理由で2度にわたって計6枚の写真を提出したにもかかわらず何も起きなかった経験アリ。一体あの6枚の写真はどこへ行ったのか?絶対2度ともどこかにまぎれて失くされたな。今回は結構真剣に全店舗をあげて取り組むそうなので、とりあえずこれで最後の写真提出になりそうだ。
日本でも良く見るあのボックス型の機械なのだが、うちの近所のテスコのは「目線をここにあわせてください」という指示がない。「顔をここに合わせて」という丸い点線は画面に映るのだが、それだけ。とりあえずまっすぐ前を向いていれば大丈夫だろうと挑戦。3回撮りなおせるのだが、出来上がった写真は見事に目線がよそを向いていた。なんでだっ!?!?
ま、いいかぁ、と一度は諦めて他の用事を済ませ帰ろうとしたのだが、やっぱり車の中で写真をじっくり見るとどう考えても目線がおかしい。3ポンドもするのに馬鹿馬鹿しいなぁと思いつつももう一度撮りなおすことにする。
今度は顔もぴったり枠の中、目を凝らすと向こうにカメラらしきレンズが見えたので「よし、あれを見ていればいいのだ」とカァッと目を見開いてカメラを凝視、「Here we go!」という合図とともにパシャリ。

が、今度の画面に映るワタシはカアッと目を見開いたままよそを向いている。
あれ?じゃ、もう一回。
パシャリ。やっぱり違う。もう一度。
パシャリ。わー、なんで〜?一体どこを見ればいいのだ!?
ともう一度撮りなおしの矢印ボタンを押したら、これが最後のチャンスだったらしく、目線を漂わせている間に画面下に「Here we go!」と文字が入ったかと思うと間髪いれずにシャッターが切れる音が…。あわわわ。

なんだかぐったり疲れたまま、達成感ゼロのまま3分間ボックスの前で立ち尽くす。
ご〜っという写真を乾かす空気の音がして、出てきた写真は何とか口は閉じているものの明らかにびっくり顔のワタシが4人…。
もう知らん。

オットのハーフタームの休み(学期の中休み)ということで、木曜日から2泊3日で南西部の街Cheltnhamへ。
我が家からは車でだいたい3時間くらいなのだが、行きは渋滞にぶつかり3時間ちょっと、帰りはスムーズで2時間半だった。結構近いものだ。

チェルトナムは昔はBathと並んでスパタウンだったこともあって、街並みがゴージャス。道も広くてスペースがいっぱいあって、こ洒落たお店がそこここに…。卒業生の多くがオックスフォードやケンブリッジに行くような有名な女子寄宿学校もあるそうで全体的にハイソ(死語?)な雰囲気漂う街だった。

オットの親戚が住んでいるので2日目の夜はせっかくだからということで夕食を一緒にする。
彼女はソファの張替えやカーテン作りなんかを職業としているのだが、偶然にも私達が滞在しているホテルすべての椅子やカーテンも彼女が手がけていることがわかる。こういう偶然もあるんだなぁ。
彼女が現在製作中のカーテンの一部を見せてもらう。グリーンをベースに金糸の刺繍が全体に入った見るからに高そうなカーテン。
「このファブリックはベルサーチ」
べ、べ、べるさーちぃぃ!?!?!?
「1屬砲弔97ポンドなのよ」
きゅ、きゅ、きゅーじゅーななポンドぉ!?!?!?!?!?
もちろん彼女が買っているわけではなく、依頼主がすべて払っているわけなのだが、一体トータルにするといくらになるのか。怖くて聞けなかった。
このカーテンはその依頼主の14歳になる娘の部屋(といってもお屋敷のトップフロアをまるまる娘のために改装してあり、娘用の居間、娘用のバスルーム、娘用のベッドルーム等等、ということになっているらしい。ひぃー)に使われるんだそうだ。
世の中にはいろんな人がいるものだ。
でもその親戚自身はけっこう大雑把な人なので、そういう高いカーテンも他の色々なモノと一緒に山にしてスペアの寝室に積んであった。
「お客さんにはうちには来てもらわないようにしてるの。びっくりするから。あはははは」
それは賢い選択だよ。ベルサーチもびっくりだよ。

たったの2泊だったのに、帰りの道のりヨークシャー独特の景色がまわりに広がり始めると、ずいぶん長いこと家を空けていたような気分になってちょっとほっとした。チェルトナムはそれはそれはきれいなところだったんだけれど。不思議なものだ。

家に戻ったら防犯に書斎の電気はつけっぱなしにして用心したのに勝手口の鍵が開けっ放しだったことが発覚。
あらやだ。

↑このページのトップヘ