【お知らせ】ブログのURLが変わりました。
 旧: http://blog.livedoor.jp/hikaru814/
 新: http://hikaru814.livedoor.blog/

ボブ男との合流先Thirsk駅はLeedsから電車で50分ほど。そんなに遠くない。夕方に家を出て2両編成の列車で周りの景色を見ているうちにあっという間に到着。
外はあいにくの雨。ま、イギリスだしね。デールだしね。期待はしない。

そこからLeyburnという村まで移動。
食事のテーブルを予約しているというのでぶらぶらと時間をつぶす。といっても村。5時以降に開いている店などそうそうない。小さな食料雑貨店にとりあえず入る。怪しまれずにつぶせる時間約5分。
その後、人間工学って一体何、と思わせるような便座を所有の公衆トイレに入ったりしているうちに予約の時間が。
レストランというよりガストロパブ。入り口のドアにはこれまで掲載されたガイドブックのステッカー(Good Restaurant Guide 2004など)が沢山張ってある。
高まる期待。
バーの横には本日のメニューが黒板にびっしりと。
050601a


ビターを飲みつつメニューを吟味しているうちにテーブルに案内される。レストランの部分はパブの横に併設される形で中の内装にもセンスがうかがえる。




050601b
高まる期待。
スターターは白身魚とホタテ、メインはラムにする。
スターター登場。







050601c

おお!
魚はうまい。ホタテも焼き加減ばっちり。なんだけれども。
いまいち・・・。下にゴロゴロと転がる新ジャガサラダのマヨネーズもありきたり(そして市販品)だし、ジャガイモちょっと固いしなぁ。
だんだん無口になっていくオットとワタシ。


気を取り直してメインを。

050601d
う・・・うーーーーん・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
オットのピジョンも似たり寄ったりらしくますます無口になっていくオットとワタシ。
まずくはない、まずくはないのだ(って褒め言葉になってないけど)。だがここまで高めてしまった期待を満足させるにはあまりにもありきたりな味。値段も加味すると10点満点中6.5ポイントといったところ。
都市部と比べると競争率も低いわけだしこんなもんなのかもね・・・なんて2人でお互いをなぐさめつつコテージへ。

コテージは小ぢんまりと快適。内装はワタシの好みではないけれどコテージ仕様(花柄系)ということで全く問題なし。
本物の暖炉があるので、早速火をおこす。
気持ちは「早速」なのだがそう簡単に火はおこらない。むむむ。
ものすごい量のマッチを消費して悪戦苦闘すること約40分。ワタシが100年前の人間だったなら間違いなく冬は越せない。
やっと豪快な火が!ブラボー!!!
部屋中煙いし手も真っ黒だがそれが一体なんだというのか。
あれだけ苦労したからにはそう簡単には寝るもんか。暖炉で憩いつつ夜遅くまでテレビを見る。

このエントリーをはてなブックマークに追加

月末だし給料日だしなにかパッと気持ちがうれしくなるようなものを・・・と思ったがこの間コンタクトを買い換えたことを思い出し自粛。あーあ。
このコンタクトの調子が悪い。というかあまり見えない。
右目の視力が落ちていたので、右目だけに関してはまあ多少見やすくなったかな、という感じなのだが左目が明らかに前のコンタクトよりも矯正度が低くなっている。
両目のバランスは取れているけど全体的にぼんやり。なんだよ。なんだよー。
ということで今日眼鏡屋さんに電話をかけて、再検査の予約をする。
ちゃんと視力検査も受けたのに・・・。
検査だから目も張り切っていつもは出さないパワーをちょっと発揮しちゃったのかも。いい迷惑だけど。

そんな話を職場でしていたら、セキュリティーのスチュワートが同僚のデイビッドは1日使い捨てのコンタクトを何ヶ月も入れっぱなしだという。
「一か月分を買ってもそれで何年ももつんだよ」
ってそれはいくらなんでもやばいんじゃないのか。
そういえば大学の先輩にもそんな人がいたなぁ。最後のほうは
「濁って見えん」
って言ってたなぁ・・・。

明日から家を空けるので冷蔵庫を片付けねば、ということで野菜をあるだけ入れた(似非)
ラタトゥイを作ることにする。冷凍しておけば帰ってきたときに解凍すればいいだけだから楽チン、なんて思っていたのだ。
しばらく煮込んで味見。

「え・・・えぐぅ・・・」

なんでだ、なんでだ!?!?
さっきご飯食べたばっかりだから舌がおかしいのかも、としばらくおいてもう一度味見をしてみるがやっぱりえぐい。こんなえぐみをだしそうなのは・・・こんなえぐみをだしそうなのは・・・

コジェット(ズッキーニ)、キミだーーーっっっ!!!

大当たり。炒める前にあく抜きを省略したのがまずかったらしい。でもいつもたいてい省略なのに・・・。それで大丈夫なのに・・・。大きさがいつもより小ぶりとかそろそろシーズンというのも関係しているのか。
ああ一つ学んだよ。
でもこの大量のえぐい野菜煮込みどうするよ・・・。
とりあえずなかったことにしてタッパーに移し冷凍庫へ入れた。土曜日まで自分の中で気づかなかったことにする。
このエントリーをはてなブックマークに追加

オットがいないのでご飯は一人でさみしいかな、なんて思っていたら全然そんなことなかったツマ家ひとり占め満喫中。

今日もご飯を炊いて(シノデ食べました。思いのほかおいしかったです)、ねぎとお豆腐のお味噌汁に昨日の残りの切干大根、野菜の卵とじとインゲンのおひたしでひとり夕ご飯。かなり満足。かなり幸せ。
「んは〜、うまい・・・」ってため息まででた。
そして昨日は一人納豆大会。
夕日に輝く納豆の糸がきれい。

さっきボブ男から電話があり、「これからパブにご飯を食べに行くところ」と報告が。友人がロンドンから遊びに来ているので一緒にサイクリングしたり丘から転げ落ちたりして楽しんでいるようだ。
そりゃよかったねぇ、なんて相槌をうち、じゃそろそろと電話を切り際に

「でもひかるがいないとさみしいねぇ」

とオット。

「あーそう。水曜に会えるからさ」

と切ったのだがよく考えると(よく考えなくても?)ここでのツマの回答不正解。
やっぱり正しいツマとしては

「ええ、ワタシもよん」

くらいのことはいうべきだったか。「あーそう」ってアンタ。
というかひとりご飯を満喫している時点で失格か。
納豆の糸を光らせている場合ではない。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ