【お知らせ】ブログのURLが変わりました。
 旧: http://blog.livedoor.jp/hikaru814/
 新: http://hikaru814.livedoor.blog/

夜になっても生あたたかい北西部からこんばんは。
明日はこの辺りは30度近くまで気温があがるそうですよ。
夏だったことをはたと思い出したようです。


さて。


本日の一枚。


190722

生活感のすきまに埋まるちんぴら兄妹。

台所のワークトップに乗せない、という努力はもうとっくに諦めました。


人気ブログランキングへ← 猫を前に人は無力。

太陽が出たかと思うと突然曇って小雨がぱらついたり、といった天気のボルトンからこんにちは。
今はお日様が。


さて。


毎年恒例のManchester International Festivalが今年も開催されており(7月4日〜21日)、その中のひとつを体験しに、夫婦でThe Royal Exchange Theatreへ出かけました。

190721a

『Tao of Glass』
作曲家 Philip Glassと劇作家・演出家・パフォーマーのPhelim McDermottによる作品です。

Phelim McDermottの幼少期の観劇の思い出から始まり、10代で出会ったPhilip Glassの作る音楽とその影響、夢と創造力、"Deep Democracy”とは何かといった、McDermottが劇作するにあたって脳内にばらばらとちらばっている思考が、タオイズムや日本の器などを修復する技法「金継ぎ」の話、実際のGlassとのエピソードなどと織り交ぜて、時には黒衣(黒子)の3人が操る子供の姿をした人形や薄紙などを使いながら、Philip Glassの音楽に乗せてひとり語りで展開されていきます。

わからないでしょう?

わからないんですよ。

後から考えると「なんだったんだ?」というわけのわからない夢だけど、夢の中の自分はそれが当然だと思っていて、それを追体験している感じ。
ぱらぱらとふりかけられるユーモアでぐっと最後まで惹きつけられるのです。

ここの劇場は舞台が真ん中にあり、その周りをぐるっと観客が丸く囲うようにできているのですが、その形状を上手に活かした舞台演出も素晴らしかった。

あと、ほら、今回はシェイクスピアじゃないですから。
(わたしの過去の玉砕体験はこの辺りに → )
言っていることが最初から理解できる、というのは大きいです。
まあ、別の難関が待ち受けていたわけですけども。

190721b

インターバルと言ったらアイスクリーム。
さっぱりしておいしいミントチョコチップでした。


人気ブログランキングへ← もう一回観たらもうちょっと見えてきそう。

1日雨ザーザーの北西部からこんばんは。
いやー、よく降った。
帰りがけは、雨足が強すぎて高速道路が大渋滞。
ワイパーをざっぱざっぱと動かしながら帰りました。

さて。


先日、まだジェマが熱から回復中の時にお隣からお見舞いがあったのでした。

190719a
おきゃくさん?

190719d
ジェマ、最近ねつでちゃってさー。
もーいろいろたいへんだったの。

190719b
ほら、ここ耳のところがあっつくなってね。
んで、病院につれていかれてね。

190719e
注射もされたしー。おしり体温計だったしー。
おくすり飲んでるしー。
それからそれからー…

190719f
ねえ、ちょっと聞いてる?


人気ブログランキングへ← いいえ、聞いてません。

↑このページのトップヘ