本日予報ではLight rain showersとなっている北西部からこんにちは。
当たるかしらね。

さて。

みなさん、手帳は持つ派でしょうか。
今はスケジュール管理はスマホでするという人も多いような気がしますが、わたしはいまだアナログに手帳を使っています。

職場では必要があるためOutlookのカレンダーも使い、パッと顔をあげたら目に入るようなところにフリー素材でダウンロード&印刷した卓上カレンダーも使い、手帳も使うという、なんだ、どれも中途半端だなみたいなことになっています。
それぞれ一長一短あり、ひとつに決められないのですよ。

で、今年はどうしようか、と。

以前は、仕事用と割り切ってWH Smith(イギリスで馴染みの文具・書店)の大き目サイズを愛用していたのですが、やっぱり鞄に入ってあまりかさばらない方がいい、と鞍替え。

ここ数年は新しい年の手帳が出ている時期に里帰りしていたので、豊富な品ぞろえに目移りしながら日本で購入していたのですが、今年はそれも叶わず。

手帳難民になりながら、あちこちお店をフラフラしていましたが、

181215

結局、来年は無印の手帳になりました。
左は今年使っていた「ほぼ日」手帳。

決め手はどのページでもパタンと開ける、というところ。
イギリスで見かける手帳は小さいサイズになるほど、背ががっちがちに固くて、うおりゃあーっとこじ開けなくてはならないものが結構多いのです。

それ以外の部分は、マンスリーも付いていて可もなく不可もない、というところ。
日本の祝日が入っているのはちょっとポイントです(全部のサイズに入っているわけではないようです)。
ほぼ日手帳のページの下に入っている「ちょっといいコメント」的なものがお腹いっぱい、と思っていた身としては、無印のまっさら感はこれはこれでいいのかも。


人気ブログランキングへ← 大事に使おう。