空をにらんで、いけそうだと洗濯物を干した途端に雨が降る、ボルトンからこんにちは。
で、慌てて取り込んだら晴れてくるっていうね。
あきらめて室内干し。


さて。


昨日、地元のPark Run(毎週全国各地で開かれる5劵泪薀愁鷁)から帰ってきた夫に、

「30分で準備して、出かけるよ!」

と引っ張り出されたのは、


190901a

マンチェスターのシティセンターで急きょ開催されたデモ。
先日のジョンソン首相によるBrexit 期限間際の議会閉会を受けて、国内全土で展開された抗議運動です。

「Stop the Coup!」
「No one voted for Boris!」

190901b

マンチェスター大聖堂から街をつっきり、タウンホールまでシュプレヒコールをあげながら練り歩きます。

老若男女、ベビーカーの子供連れや犬を連れている人も多数参加していました。
直近の難題はもちろんBrexitなわけですが、それよりも民主主義の危機としてとらえている人が多いようです。

そして、街の反対側では、別の抗議活動が。

190901c

環境問題を訴える 団体、Extinction Rebellionによる、マンチェスターで一番大気汚染がひどいといわれている街の大通りDeansgate占拠です。

190901d

金曜から月曜までの4日間の予定だそうで、こちらもテントや屋台、ガーデンコーナーなどがあり盛り上がっていました。

イギリスは過去の経験の蓄積か、デモ上手だなぁと思います。
いや、上手と言うよりも声を上げることに躊躇しないという姿勢でしょうか。
賛否はもちろんあるでしょうが、ネットで最近の日本のうすら寒いニュースを見ているだけに、見習うべきところがあるのでは、という気がします。


人気ブログランキングへ← 空気を読まないこともたまには大事。