週末はなかなかのお天気具合の北西部からこんばんは。

さて。

最近、手持ちのパジャマのうちいくつかのズボンのゴムが緩くなってきていました。
そろそろ換え時ね、と思いつつも家に都合よくズボンのゴムなどないので、何かのついでの時に買おうと思っていたのです。
そうしたらば。

その後、手芸売場があるデパートにも何度も足を運んでいるのに、一瞬も思い出すことなく全然違う買い物をして家についてから、

「あー!ゴム忘れた!」

ちっと舌打ちをするというのを何か月も繰り返し。

昔はもうちょっと脳内のシナプスが繋がっていて、デパートに入った途端に「そうそう、ゴムゴム」と思い出せていたような気がするのです。
ここまでくると、もうメモを取ってもメモを取ったことさえ忘れたりしますので、意地でもいつか思い出して買うぞ、と。

そうしたら、先日ついにその日が。
今日は冴えてるな、と自画自賛しつつ売り場へ足を向けると、ゴムには色々なサイズがあるということに気が付きました。

思い出して! もう何年も着ている自分のパジャマなんだからわたしの脳ミソパワー集結!

壁にずらーっとならぶサイズ違いのゴムの前で、しばし熟考。
ズボンをはこうしている自分を想像して、こう、ウェストのゴム部分の手の感触なんぞを思い出そうとしたり。

確か太めの一本だった気がする。
それだけは確かな気がするよ!と太めのサイズを1本、でも穴のサイズに合わないという可能性もあるので保険もかけようと、それより若干細めも1本、完璧なプランだわと意気揚々と帰宅したら、


細め2本だったよ…。
どっちも穴に入りゃしないよ…。


緩いパジャマズボンを握りしめ呆然。

その後ふてくされてしばらく放っていたのですが、先日スーパーのレジ近くにある最低限の道具は揃いますというような手芸コーナーで細ゴム発見。
こんな手軽に買えたのか…。

そして、今日やっとズボン2本のゴムを換えました。
出来上がった、ウェストが少しきゅっとなったズボンを見て、思わず「イヒヒ…」って声が出た。

190908a

我が家のゴム鑑定士、ジェマ。
まずはこうやって、心を落ち着けてゴムと向き合うのです。

190908b

そしてかみます。あむー。
さあ先生、鑑定は!?

190908c

はい、のびてます!


人気ブログランキングへ← 知ってます!