小雨がぱらついた北西部からこんばんは。
昼間は風が強く、帰るころには並木の側に停めていた車の上に枯葉が積もりまくっていました。
手でえいやーとかき分けて帰宅。

そうしたら、家に夫がいません。

ああ、そういえば夜出かけるって前に言ってたっけね、と。
基本、当日の朝に言ってくれないと、わたしゃ覚えちゃいないよ (← エラそう)。

それから「おそいじゃないかー」「ないかー」と足元でぷりぷり文句を言うちんぴら兄妹にごはんをあげて、炊飯器のスイッチを入れてからお風呂に入り、夕ご飯の支度。

夫が買ってきていた茄子が台所に転がっていたので、ひき肉と茄子とピーマンで味噌炒めです。
我ながら美味しくできたと自画自賛して、妖怪鍋なぶり(兄)をけん制するためにお鍋を急いで洗い、お盆を持って居間に入ったら、カーペットのど真ん中にジェマ(妹分)がケロった跡があるよね…。

ああ、なんで今…とお盆を置いて、妖怪皿殴り(兄)予防にドアを閉め、カーペットクリーナーとペーパータオルを取りにキッチンに走り戻り。

毛玉だねーと言いながら掃除をして、やれやれやっとごはんとソファに座ったら、隣からガラガラガシャーン、という音が。
何事かと駆けつけると、窓枠の上に置いてあったおもちゃバスケットからおもちゃを自分で取ろうとしたジェマがバランスを崩し、バスケットと横に置いてあった電話機もろとも床にたたき落としていました。

「なにこれ、こわいー!」と床に転がる黒いコードレスフォンにびびりまくるジェマをなだめて床の物を拾い、居間に戻ってすっかり冷えた味噌炒めを食べる火曜日の夜。

191001a
おわびにジェマがエンターテイメントをお届けしますぜ!

191001b
ていてい!

191001c
ていていてい!


人気ブログランキングへ← わーすごーい(棒読み)。