カテゴリ: 気になる

朝から暑い一日になったイギリスからこんばんは。
夫とちょっと長めのウォーキングに出かけましたが、汗をじっとりかきました。

さて。

木曜日の夜、そろそろ寝るかと準備しながらスマホを見たら、Breaking Newsの見出し。

「北部イングランドにコロナウイルス対策のローカル規制導入」

ほう、と対象地域のリストを確認したら、「Greater Manchester」の文字が。
ボルトンもこの中に含まれますよ。
他にランカシャーとウェストヨークシャーの一部が対象になるようです。







直近のデータによると、対象地域では規制が一部緩和されてできるようになっていた、友人や家族宅への訪問が原因で、感染がまた広がり始めているということが分かったそうで、Social distancingのルールが個人宅訪問ではきちんと守られていない、ということのようです。

これを受けて、以下の項目が禁止になりました。

  • 同居していない人による自宅内や庭への訪問
  • 規制対象地域以外の家や庭への訪問
  • 規制対象地域以外に住んでいる人からの訪問を受けること
  • 公共の屋内施設(パブ、レストラン、カフェなど)で同居人以外との社交
  • ケアホームへの訪問(特例有)

「屋内で同居人以外と会うのは禁止」というざっくりした内容だけが、木曜夜9時過ぎに保健大臣マット・ハンコック氏のツイートで初めて発表され、規制が有効になるのは金曜0時からと、猶予はたった3時間弱。
細かなガイダンスはその時点で発表されていなかったため、

「明日の朝、コミュニティの集まりがあるんだけどダメってことなの?」
「明日は仕事で子供の面倒は(同居していない)両親が見る手はずなんだけど?」

ツイッター上は対象地域に住んでいる混乱した人であふれかえっていました。
また、金曜はムスリムの人には大事なラマダン終了のお祝い、イードの日でもあり、何週間も前から準備をしていた家族や友人・親戚が集まる計画もこれで水の泡です。

友人や同居していない家族と会うことができるのは屋外のみ(2世帯、6人まで)、ということになりました。
たとえ、「たまたま」同じ日の同じ時間帯にパブで鉢合わせたとしても、屋内である限り社交は禁止。
違反者へは罰金(100ポンド: 約14000円)も課せられるとは言え、どれだけ守られるのか疑問も残ります。

200731

3歩進んで2歩下がる。


人気ブログランキングへ ← 感染症は一筋縄ではいかないね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

厚い雲の隙間から時折太陽がぴかーっと出るボルトンからこんにちは。
部屋が明るくなったと思ったら突然暗くなる、というのを繰り返しております。

さて。

昨日突然の政府発表で、スペインからの旅行者(入国者)は14日間の自己隔離が導入されたイギリスです。
スペインでの感染者がまた急激に増えている、ということが理由のようです。



隔離を避けたい人は土曜の夜11時までに英国へ帰国するように、とのことでスペイン旅行へ行っていた旅行者で帰国後の2週間隔離はできないという人が、慌てて便を早めて帰国など混乱もあったようです。

一部イギリス人のホリデーに対する情熱は、わたしにはちょっと想像を超えた部分があり、コロナ禍という未曽有の状況であっても「で、今年我が家はホリデーに行けるの、どうなの?」というところの関心がものすごく高いのです。

人によってはもう何か月も前から(クリスマス明け、1月あたりが風物詩)予約をして心待ちにしている人が多く、キャンセルは本当に本当の最終手段。
特にスペインは何はなくとも太陽を求めるイギリス人には人気の旅行先です。

なぜ今そんなリスクを押してまで、と家好きのわたしは思ってしまうのですが、そこは人それぞれ。
情熱の先が違うというだけの話です。

皮肉なのはこの突然の発表で、ヨーロッパの比較的安全な国と連携してホリデーを可能に、の旗振り役だった英国の運輸大臣が現在休暇でスペインにおり、彼も隔離対象になるということです。

200726a
家にいたらいいのよ。

200726b
あー、手がうまい。


人気ブログランキングへ ← ジェマは毎日ホリデーだものね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

うすぐもり、時々小雨、気温はそこそこの北西部からこんばんは。
でも夜は結局暖房を入れるね…。

さて。

自宅勤務はまだまだ続く我が家ですが。

長丁場になるにつけ、デスクランプにケーブル類から始まり、ノートパソコン用スタンド、専用椅子となんだかんだと快適なホームオフィスを目指してちょこちょこと小さな投資をしています。

窓から外を眺めつつ、もう仕事はずっとこのままでいいんじゃないかな、という気さえする今日この頃。
郵便を取りに週1出勤するぐらいでちょうどいい。
贅沢を言えば業務用レーザープリンターが欲しいかな…。置き場所ないけど。

職場は建物自体を所有していますが、賃貸しているビジネスの場合、このままほとんどの人が在宅ということになれば、借りるオフィスももっと小さくてもいいな、なんて話にもなりそうです。

イギリスにはBusiness Rateと呼ばれる事業税(固定資産税)があり、商業施設やオフィス、工場、倉庫などの不動産に地方自治体から課される税金があります。
不動産の所有者ではなく使用者に課されるので賃貸していても等しく払わねばなりません。
金額は利用している土地の評価額で決まるので、同じエリアで借りて面積が小さくなれば税金も少なくなる、と。

話変わって。
最近、GP(かかりつけ医)のアポイントを取る必要があったのですが、今は電話で診察なので、これまでのように早朝番号を連打して、周りを押しのけてアポイントを奪い取る必要さえなく、お昼前に予約の電話をかけてもその日の午後にはお医者さんから電話が来るのです。

病状によっては直接会って診ないと、ということももちろんあるでしょうが、なにこれ、前よりサービス良くない?

世間で騒がれる「New Normal」が一体どんな形になるのか気になるところ。
なんだかんだで結局何も変わらなかった、なんていうのは世界中みんなでこんなに辛抱しているのだから避けたいなー。

200722
キリッ。

毎日秘書業に大忙しのブーさん。


人気ブログランキングへ ← 机の書類をぐちゃぐちゃにしてくれます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ