カテゴリ: 気になる

1日晴れて気温も20度近く上がったというのに、なんだかうっすら寒い北西部からこんばんは。
いまいち暖かさが実感できない。
なぜだ。

明日からイギリスはイースターのお休みで4連休。
せっかくだからどこかへ、と思うもののどこも混んでるよね、と思うとつい及び腰になる守りの四十路。
我が家の両隣はもうとっくにどこかへ出かけたようで、ここ数日静かです。

さて。

先日、ジーンズ(デニム?どっち?)を久々に新調したのですが。
近頃は、ハイウエストが主流ではないですか。

四十路のわたくしはハイウエストから徐々にローになり、またハイにという過程を年齢と共にたどってきていますので、久々にお腹がすっぽりかくれるジーンズをはくと、なんだか昔を思いだすというか、お腹が「もっ」となる感じとか(わかる人にだけわかってもらえたらいいです)、あーそうだった、こんなだったなー、と。

ちょっと緩めのサイズを購入したので快適ですが、サイズピッタリだと椅子に座った時に「おなかが…く、くるし…」となりそうです。
昔は普通にはいていたのだし、慣れなんでしょうけどもね。
「おしゃれは我慢」と某ピーコ氏も言ってましたね。

職場の近くに、とあるファッションブランドのヘッドオフィスがあるのですが、やはり社員は若くておしゃれ好きの人が多く、通勤の時に歩道を歩いているみなさんを眺めるのですが、それ屈めるの?と思うくらいお腹まわりぴっちぴちのハイウエストジーンズをはいていらっしゃいます。

190418

ムリしなさんな。


人気ブログランキングへ← はい、せんせい。

白い雲が膜のように空を覆っている北西部からこんにちは。
雲っているとも言うね。

そうは言っても春ですし、日も長くなりそろそろ紫外線のことも考えなくてはいけません。
今日日、顔はパウダーやクリームなどSPF入りのものが多いので、それでなんとなく対策した気になっていますが、手足は忘れがち。

特に手の甲などは、運転をしていると意外に日にあたっていますよね。
気が付くとポツポツとシミやホクロができています。
いやねぇ。

で、日焼け止めクリームも時間経過で効果が薄れるからこまめに塗り直せ、とよく聞きますが、どのくらいのタイミングで塗り直すのか。
そもそも顔の場合、すでに化粧をしている上から昼にクリームを塗り直すなんてムリじゃ?と思っていたのですが、最近はスプレーやらパウダーやらいろいろあるようです。

わたしのズボラ言い訳の道がどんどん塞がれている感…。

190330

手持ちの対策各種。
一向になくなる気配を見せない、スプレー式日焼け止め(右)
「そうだ、鞄に入るサイズを常に持ち歩けば忘れないじゃない」と昨年導入したポケットサイズ(中・左)。
でも忘れるというね。

毎年買い替えた方がいい、なんて話も聞いてしまい、こんなに残っているのに!と捨て時を見失い中。

で、思ったのです。

塗り直すタイミングを教えてくれればいじゃないか、と。
たとえば、時間経過で日焼け止め効果が薄れてくると、だんだん緑色に変色するとかね。

「ちょっと、顔、緑になってるよ!日焼け止め、日焼け止め!」

周りも言ってくれると思うの。

見た目が気になる人や、外で人に会う仕事なので超人ハルク化は避けたい、という人には、暗記ペン(今もあるのかしら)の要領で、特殊なシートをかざして見ると、塗り残しや塗り直しが必要な部分が可視化される、みたいなものとか。

あったら便利だとおもうなー、ドラえも〜〜ん。


人気ブログランキングへ← そして他力本願。

↑このページのトップヘ