カテゴリ: 気になる

太陽出た!のボルトンからこんにちは。
大物を慌てて洗濯機に投入。
夫の予言は当たっておりました。


さて。


昨日はお天気も悪く、掃除もひとまず終わり、Grand Theft Auto (ゲームです)で道端に駐車している車をガラスを割って盗んだり、信号で停まっている車から運転手を引きずり出して盗んだり、ギャングと精肉加工工場で撃ち合いになったりしていたわけですが。

そうしたら、隣の部屋にいた夫が突然寝室に飛び込んできて、

「ゲーム止められる?今ついてきたら今年最大級に興味深いものが見られるよ」

ゲームはオンラインで他のプレイヤーと一緒にチームを組んだりするものなので、一度参戦したらこちらの都合で勝手に止められないという事情があり。
その時は警察から猛スピードで逃走しているところでした。

また、夫は何かにつけて「すっごい面白いものが」とか「絶対あなたが好きそうなものが」と言ったフレーズで匂わせておいて、行ってみると実は大したことない、ということが多いのです。
我が家のオオカミ中年。

ああ、はいはい、行けたら行きますよーと適当に受け流したら

「これは見とかないと後悔すると思うけどね…」

と言っている間に、別のプレイヤーにあっさり車を爆撃され死亡。

せっかくミッション終わりそうだったのにー!きーーーっ!と言いつつ、どっこいせと気を取り直して夫のもとに向かうと、2階の窓から夫が指さす先には警察車両が2台。
1台は普通のパトカーで、もう一台は人を捕まえて収容する時用の大きめバン。
決してオンラインで悪行の限りを尽くしているわたしを捕まえに来たわけではなく。

こっそり眺めていると、4人の警察官に囲まれた2軒隣の男性住人が手錠をされ、バンで連行されていきました。

正直なところ、夫婦の感想は、ああついに捕まっちゃったか…です。

というのも、この男性、結婚もしてパートナーもいるのですが、これといった定職を持っている風でもなく、彼の家からさらに数件隣で両親が経営しているコーナーショップ(雑貨店)を手伝う程度。
そして、たまに彼の家周りで奇妙なことが起きるのを目撃したりしていたのです。

  • 昼夜問わず、見知らぬ男性が彼の家を訪ねてきてすぐ出ていく。
  • 数年前、若い男性2人組がきょろきょろ辺りをうかがう様子の後、彼の家の通りを挟んで向かい側の垣根の間から何かを運び出し、車に乗せたと思ったら急発進して走り去る。
  • 数か月前、彼の車のタイヤが何者かに切られる。

などなど、他にも何とも説明のつかない挙動不審な様子を見せていました。

でも、近所のよしみで留守中に宅配を預かってもらったこともあり、顔を合わせれば挨拶ぐらいはします。
たまに立ち話をする裏の長屋のおじさんと夫のオッサン談議によると、「あれは絶対ドラッグディーリングだよ」とやけに確信をもっていたらしく。

とりあえず、夫婦の間に子供がいなくてよかったねということと、ご両親がお気の毒なのと、飼っている犬の面倒は今後もちゃんと見てほしいな、と。

200719

どうぶつに罪はないからね。


人気ブログランキングへ← うんちもちゃんと拾ってね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

今日もくもり&雨、もう知らん、の北西部からこんばんは。

さて。

スコットランドに続き、ついにイングランドでも店舗内でのマスクが義務化されるようです。
来週の金曜日24日からということなので、「猶予を与えるから準備してよ」ということでしょうか。
その間に防げたはずの感染は見なかったことにするということかな。

違反者は罰金100ポンド。14日以内に支払えば50ポンドの割引あり。
11歳以下の子供と身体的・精神的に事情がある人は免除。
またお店の店員さんもしなくてよいそうです。







マスク・フェースカバーの有効性に関する科学的な証拠が徐々に明らかになってきているのでね、ということのようですが、今回のコロナ禍で英国政府の対応への批判などを見ていると、「Exceptionalism 例外主義」という言葉を使う人がいます。

ヨーロッパが次々とロックダウンを実施しているのにも関わらず、いやいや、イングランドはしませんよと言ってみたり。
(→ 数週間後にロックダウン開始)

感染者の追跡・隔離にアプリを使うという話が出た時も、グーグルとアップルが開発した既存の製品があるにも関わらず、いやいや、イングランドは独自で開発しちゃいますよと言ってみたり。
(→ その後開発が頓挫し、既存の製品を使うことになったまま現在ごにょり中)

そして、今回のマスク。
世界中でさんざん議論がなされ、はっきりとした証拠はないまでも、「マスクはした方が」という流れにもイングランドはギリギリまで抗い続けます。

「我々は特別、我々は例外、なんてったってGreat Britainだもの」という根拠のない自信が判断を曇らせる結果を招いていないのか、と。
どこの国のどこの民族も、自分たちは特別だと思いたいというのは人間の心理として理解はできますが、公衆衛生にそれを持ち出されると人の命が危険にさらされます。

とりあえず、来週からはスーパーにマスクをしていって、ぎょっとした顔で見られることはなくなりそうです。
その代わり、マスクをしているマイノリティ同士の淡い連帯感を感じる機会は減るのかも。
いや、でも意地でもしないって言っているあまのじゃく族も一定数いるし、どうかしら。

200715

マスク、したらいいじゃない。


人気ブログランキングへ ← また新しいのを作ろうかな。
このエントリーをはてなブックマークに追加

本日は1日うす曇りの北西部からこんばんは。
もう夏は終わり?

さて。

先日、水道のステートメントが届きました。
我が家は毎月定額自動引き落としなので、定期的(年に2回かな?うろ覚え)に実際の使用量と支払額の差を割り出して、次回からはこの金額になりますよ、というようなお手紙です。

今回は来月以降の支払いに変更はありません、という結論だったのですが、でもロックダウン以降、確実に水道の使用量は増えている模様。
2人ともずっと家にいるのだもの当たり前と言えば当たり前。

2019年1月から2020年1月後半まで、我が家の1日の水道使用量(平均)は概ね350リットルで変わらなかったのですが、1月後半から7月頭までの平均は400リットルだそうです。
1日50リットルの増加。

お知らせのインフォグラフィックによりますと、1日400リットルというのは、

  • お風呂 x 5回 または、
  • 洗濯機 x 7回 または、
  • シャワー x 9回 または、
  • トイレ x 53回

相当だそうです。この中の組み合わせですよということなのですが、わかるようなわからないような…。

トイレで言えば、400/53=1回 7.5リットル。
50/7.5 = 6.6回
夫婦それぞれが普段は家にいない日中に3〜4回トイレに行くくらいが増加分に相当します。
それ以外に台所での使用量増加もありますしね。
うむ、なんとなく納得。

もう一つ面白い情報があり、お宅の上下水道使用量は他のお宅(世帯人数)と比べると…というのがありました。

  • 1人世帯:149L
  • 2人世帯:276L
  • 3人世帯:367L
  • 4人世帯:450L
  • 5人世帯:523L
  • 6人世帯:592L

我が家は3人〜4人世帯の間、ということに。
あれれ、おかしいなぁ、我が家は2人世帯なのになぁ…。


はっ!
もしや…



200714
「兄さん、また人間があらぬうたがいを…」
「いつかとっちめねばならんな」


夫婦で毎日湯船派で、夫がまとめずにちょこちょこ洗濯機を回しているというのはあるかな。
あと、我が家には食洗機がありません…(渇望)


人気ブログランキングへ← 夜中にネコがこっそりお風呂につかっているというのも捨てがたい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ