カテゴリ: 本日のイベント

お天気まずまずの北西部からこんばんは。
日が暮れると風がつめたい。

さて。

本日、久々の遠出。
ロンドン日帰りの旅でした。

もちろん、メインの目的は散髪。
年に数回の贅沢です。

190511a

行きの電車のお供。
新潮文庫のまだ未使用のしおりを取り出す瞬間の喜び。
あの幸福感はなんとも説明しづらい。
そしてちょっと寝る子を起こした感というか、あーごめんねー、という気分になります。

途中、進行方向の線路上で何か問題が発生したらしく、しばらく一時停止。
ロンドンには少し遅れて到着です。

そうすると、着いてから散髪の予約の時間までが中途半端な感じになり。
とりあえず、地下鉄で移動してNational Galleryで時間つぶし。
お昼も食べねば、とわたわたしていたら、ゆっくり絵を見る暇もあまりなく。

結局本当に髪を切りに行っただけの1日になりました。
じっくりマッサージもしてもらって、極上の時間でしたけどね。
今後の白髪対策を練ったり、シャンプー台でちょっと意識が飛んだり。

190511b

ガオ―。
トラファルガースクエアのライオンの前で、モリスダンサーが踊りを披露していました。
今年はモリスダンサー遭遇率が高い気がする…。
狙われているのかも(ウソ)。

そして、

190511c

帰りの電車のお供。
ちょっと贅沢してお寿司です。
普段、お寿司のネタはマグロとサーモンしかないのかな? という環境で暮らしているのでホタテと赤貝がうれしい。


人気ブログランキングへ← しあわせ。

太陽が出ているボルトンからこんにちは。
慌てて洗濯物を外へ。

さて。

昨日はかなりぐずついた天気の中、夫の友人の50歳のサプライズパーティに呼ばれてヨークシャーデールまで出かけてきました。
小学校の校長をしている彼女は顔も広く、彼女のパートナーが声をかけて村の集会場に集まったのは100人を軽く超えていました。

190428a

なぜか、トロピカルなテーマのデコレーション。

みんなで、飲んで食べて歌って踊る、という楽しい会。
数年前にマンチェスターの街中から、ヨークシャーデールの小さな村に移り住んだ婦婦ですが、そこでもたくさんの知り合いができたらしく、出席者は老若男女。

最初、みんな少し遠慮してダンスフロアに近づかなかったのですが、パートナーがティナ・ターナーのウィッグをかぶり、『Rolling On The River』で踊り狂い始めたあたりから、みんながフロアになだれ込む、という。

190428b

入場した時に全員に配られたハイビスカスのレイ。
作り物でもなんだかこのカラフルさに心ときめいて、もらって帰ってきました。
太陽不足のせいかしら。


人気ブログランキングへ← 帰路は真っ暗&大雨。

↑このページのトップヘ