カテゴリ: 引越・リフォーム・家

今日は1日ほぼ雨が降っていたボルトンからこんばんは。
夫は雨足の弱まった午後に、マンチェスターのシティーセンターまで出かけたのですが、そちらは晴れて蒸し暑かったらしいです。

さて。

我が家の内装塗り替えは着々と進んでおり、家の荷物をあっちからこっちへ移動させる日々です。
すでに、生乾きの窓の桟に飛び乗り、肉球模様にホコリをくっつけて歩いているどうぶつがいるため、ブラッドリーをまだ入れてはいけない部屋の出入りには細心の注意を払います。

なんせ忍者ネコなので、気が付いたら足元にいますから。
後ろからすり抜けようとしますから。

で、先日は夜のごはんの時間に、お皿と水入れを持って台所に入ろうとしたところ、一緒についていく、と言ってきかなかったわけです。

両手がふさがっている状態のまま、肘でドアを押し開けようとすると足元にいるので、ダメだってばコラ、と足で制止しようとするものの(行儀悪くてすいません)、向こうも負けずにふんぬーっと頭突きで押してくるという、にっちもさっちもいかない状態に。

仕方ないので、お皿と水入れを無理やり片手で持って、片手でブーさんを抱えてドアから少し離れたところに降ろし、さあその隙にドアをマッハのスピードで開けて侵入…!


ゴッッ!!!


という見事な音でドア枠にこめかみを強打しましたよ。

なんだか慌てすぎて、空間認識力がおかしくなっていた模様です。
ドアを急いで開けて首から下はドアの隙間に入ったのに、頭が全然入ってなかった。

ぐぉっ!とそのままドアの間でしばらく動けなかったのですが、さすがにブーさんもびっくりして固まってた。
すぐ気を取り直して、ルララーと台所に入ってましたけどね。



オマケ。


180729

先日の湖水地方、Cockermouthで見かけた金物屋さん。
1836年創業。


人気ブログランキングへ← たんこぶなんて久しぶり。

本日は30度越えの北西部からこんばんは。
でも湿気がそれほどないと、30度でも日陰にいればそこそこ快適。
南の方は35度とか言ってますけどね。
それはさすがに辛そう。

さて。

お隣ヨークシャーからこの家に引っ越してきたのは2006年。
気が付いたらすでに12年も経っていました。
なんだか時の流れが早すぎて、こうやって次の10年もあっという間に過ぎてしまうのか。

で、12年前にあんなに苦労した内装工事(気になる方は、カテゴリー「引越・リフォーム・家」を遡ってみてください)。
さすがにそろそろ壁を塗り替えねばなるまい、と夫婦で鉛のように重い腰を上げ、業者にお願いするという、電話しただけじゃないか、という選択をしました。
いや、いろいろ心の準備がね、いるんですよ。

我が家は夫婦そろってDIYは苦手なので賢い選択です。
餅は餅屋。


月曜日から作業が始まり、

180726a

居間が白くなりました。
あかるーい。

以前はうっすら麻色というか若干クリームがかった白にしていたのですが、明るさを求めて全て真っ白にすることにしました。
ピクチャーレールもモスグリーンは止めて白。

180726b

ダイニングルームから閉めだされて大変ご不満の我が家のどうぶつ。

180726c

ちょっとー。

180726d

いれてよー。

窓やドアを全開にするのと、危ないのでブーさんは今のところ作業中は2階の部屋に夫と一緒に閉じ込められています。
それが不満で不満で仕方ないらしいです。
この家の王様はオレだぜ?と。

その日の作業が終わり、ペンキもほぼ乾いてドアが解放されると、ぷりぷりしながら飛び出してきて、とりあえず人間にさんざん文句を言い、いつもと違うと小言を言いながら部屋中を探索。

目を離したすきに、実家から届いた荷物の中に入っていたカステラと歌舞伎揚げの袋を喰いちぎり、一部を食い散らかして報復。
ちょっと!

予想では3週間で作業終了の予定ですが、それまでは毎晩ネコのご機嫌をうかがうことになりそうです。


人気ブログランキングへ← カリカリで手を打たないか。

↑このページのトップヘ