カテゴリ: 本日のお買い上げ

今日も晴れ間、ただ風がすこし冷たかった北西部からこんばんは。
意地でランチは外のベンチで食べましたけども。
明日から天気は下り坂と聞くと、もうさらに。

さて。

先週末にロンドンに行って髪を切ったという話をしましたが。
切っただけではなく、久しぶりにカラーも。
ハイライトを2種類入れて、明るくしてもらいました。
白髪対策ともいうよね。

で、結構明るい色をいれてもらったので、それをきれいに維持するのに美容師さんにおすすめされたのが、

190516

シュワルツコフのGoodbye Yellow Shampoo
いわゆるパープルシャンプーというやつです。

もちろん、わたしはそんな商品が存在すること自体初耳だったわけですが。
黄色の補色にあたる紫を使うことで、髪が黄色くなるのを防いでくれるそうです。
なるほどねぇ。

ネットで検索すると、業者向けというところが多く、一般にも売っているサイトがなかなか見当たらず、やむを得ず我が家で小さな不買運動をしている某大手通販サイトを利用。
夫が横で歯ぎしり。
昨日無事届きました。

週1くらいのルーティンで、とおすすめされたのですが、シャンプーの色はかなり紫のようなので、イギリス式の湯船にお湯をためて、全部そこですますお風呂の場合には向かないような気がします。
やはりシャワーかしら。
でも5分〜15分置くようにということなので、それって寒くない…?

キレイの道のりは遠い、という話。


人気ブログランキングへ← 手順を脳内シミュレーション中。

本日予報ではLight rain showersとなっている北西部からこんにちは。
当たるかしらね。

さて。

みなさん、手帳は持つ派でしょうか。
今はスケジュール管理はスマホでするという人も多いような気がしますが、わたしはいまだアナログに手帳を使っています。

職場では必要があるためOutlookのカレンダーも使い、パッと顔をあげたら目に入るようなところにフリー素材でダウンロード&印刷した卓上カレンダーも使い、手帳も使うという、なんだ、どれも中途半端だなみたいなことになっています。
それぞれ一長一短あり、ひとつに決められないのですよ。

で、今年はどうしようか、と。

以前は、仕事用と割り切ってWH Smith(イギリスで馴染みの文具・書店)の大き目サイズを愛用していたのですが、やっぱり鞄に入ってあまりかさばらない方がいい、と鞍替え。

ここ数年は新しい年の手帳が出ている時期に里帰りしていたので、豊富な品ぞろえに目移りしながら日本で購入していたのですが、今年はそれも叶わず。

手帳難民になりながら、あちこちお店をフラフラしていましたが、

181215

結局、来年は無印の手帳になりました。
左は今年使っていた「ほぼ日」手帳。

決め手はどのページでもパタンと開ける、というところ。
イギリスで見かける手帳は小さいサイズになるほど、背ががっちがちに固くて、うおりゃあーっとこじ開けなくてはならないものが結構多いのです。

それ以外の部分は、マンスリーも付いていて可もなく不可もない、というところ。
日本の祝日が入っているのはちょっとポイントです(全部のサイズに入っているわけではないようです)。
ほぼ日手帳のページの下に入っている「ちょっといいコメント」的なものがお腹いっぱい、と思っていた身としては、無印のまっさら感はこれはこれでいいのかも。


人気ブログランキングへ← 大事に使おう。

↑このページのトップヘ