カテゴリ: 本日のお買い上げ

午後から晴れてきた北西部からこんばんは。
気温は少し下がったようですが、掃除をしていると少し汗ばむのでまだ夏。

さて。

先日、我が家に届いた折り畳み自転車。

それを見た母からすぐメールが入り、「お母さんが欲しかった自転車!」だと。
ただ、父から速攻で却下をくらったようです。
理由はお値段と、普段ロードバイクに乗っている父のこだわりの模様。

確かに過去わたしが乗っていた、いわゆるママチャリと比べると、多少なりとも清水の舞台ではあったのです。
柵に片足をかけて、「えー、どうしよう。え〜〜」とグラグラしていたら、夫に背中をドーンと押されましてね。
わーーー。

ただ、イギリスには自転車利用者を増やそうという「サイクルスキーム」というシステムがあるのです。
これは、この制度に登録している会社の従業員が恩恵を受けられるという福利厚生システム。

利用したい従業員がオンラインで申請し、会社が承認すると、基本上限1000ポンドまでのバウチャーがスキーム運営会社から発行され、加盟店で自転車やその他関連品(ヘルメット・専用服など)に利用可能になります。
1000ポンドを超える分は自腹。

バウチャー代は会社がいったん立て替えて、従業員が月々返済するという形になるのですが、肝は月々の給与額からこの返済分を差し引いたものが課税所得になるという点。
つまり所得税が減らせるのです。

わたしの場合、節税分を考慮するとだいたい正規の値段の3割引き弱くらいで自転車が手に入るという計算になりました。
3割って結構大きいですよね。

ということで、舞台から飛び降りはしましたが、パラシュートで軟着陸という感じ。

190815

それは耳よりね。


人気ブログランキングへ← でしょう?

朝はかろうじてくもり空でしたが、お昼ごろには大雨になった北西部からこんにちは。
今は小康状態のようです。
強風という天気予報でしたが、ふたを開けたらこの辺りはそうでもなく。

さて。

そんな中、ついに注文していた自転車が届いたということで、朝から張り切って受け取りに出かけました。

190810a

メイド・イン・UKの折り畳み自転車としてお馴染み、Bromptonです。
Mハンドル、6速、色はテンペスト・ブルー。

6月頭に注文をして約10週。
普段は6週間くらいで届くそうなのですが、最近は注文が多いのと、この時期は限定モデルの製作期間に充てられるとかで、普段より時間がかかったようです。
いや、もう病院の話でも言いましたけども、待たされることには耐性ができてますのでね…。
いいんですいいんです、お気になさらずに。

190810b

兄さん、ここはジェマにおまかせを。
フンガフンガ…

190810c

どれどれ。
フンガフンガフンガフンガ…

190810d

折りたたむとこんなに小さくなります。
機能美。
コツをつかめば、パパッとできそうですが、今はまだ「えーっと、えーっと、次は…」と練習中。

こ慣れたブロンプトン乗りの道のりはまだもう少し先です。


人気ブログランキングへ← 乗りまくるよ。

↑このページのトップヘ