カテゴリ: 食べもの

太陽が出たかと思うと突然曇って小雨がぱらついたり、といった天気のボルトンからこんにちは。
今はお日様が。


さて。


毎年恒例のManchester International Festivalが今年も開催されており(7月4日〜21日)、その中のひとつを体験しに、夫婦でThe Royal Exchange Theatreへ出かけました。

190721a

『Tao of Glass』
作曲家 Philip Glassと劇作家・演出家・パフォーマーのPhelim McDermottによる作品です。

Phelim McDermottの幼少期の観劇の思い出から始まり、10代で出会ったPhilip Glassの作る音楽とその影響、夢と創造力、"Deep Democracy”とは何かといった、McDermottが劇作するにあたって脳内にばらばらとちらばっている思考が、タオイズムや日本の器などを修復する技法「金継ぎ」の話、実際のGlassとのエピソードなどと織り交ぜて、時には黒衣(黒子)の3人が操る子供の姿をした人形や薄紙などを使いながら、Philip Glassの音楽に乗せてひとり語りで展開されていきます。

わからないでしょう?

わからないんですよ。

後から考えると「なんだったんだ?」というわけのわからない夢だけど、夢の中の自分はそれが当然だと思っていて、それを追体験している感じ。
ぱらぱらとふりかけられるユーモアでぐっと最後まで惹きつけられるのです。

ここの劇場は舞台が真ん中にあり、その周りをぐるっと観客が丸く囲うようにできているのですが、その形状を上手に活かした舞台演出も素晴らしかった。

あと、ほら、今回はシェイクスピアじゃないですから。
(わたしの過去の玉砕体験はこの辺りに → )
言っていることが最初から理解できる、というのは大きいです。
まあ、別の難関が待ち受けていたわけですけども。

190721b

インターバルと言ったらアイスクリーム。
さっぱりしておいしいミントチョコチップでした。


人気ブログランキングへ← もう一回観たらもうちょっと見えてきそう。

本日も晴れ。空がきれいなボルトンからこんばんは。

さて。

人間ひとりと猫2匹のお留守番、仲良くやっておりますが、夫は夫でリスボンを満喫中のようです。

190705a

サーディンとトマトライスの夕ご飯。
暑い日はこういうのがいいよね。

190705b

石鹸ショップ。
おされ。

190705c

貸出用キックスクーター
うかつに大人が手を出すとアキレス腱を切るから気を付けて。
(追記: と思ったら、これ電動なのだそうです。あら便利)

190705d

おやつのコーヒーと何か。
なんだかすごくタマゴタマゴしておいしそうなんですけど。


人気ブログランキングへ← 食べたいぞー。

↑このページのトップヘ