カテゴリ: ブラッドリー

うすぐもりの北西部からこんにちは。
ちょっと暗めの雲も時折飛んできますが、いけるんじゃないか、と7月のイギリスの天気を過信して洗濯物を外へ干しています。
裏切られるかも。


さて。


本日の夫の数枚。

190714a

ちんぴら兄妹、仲良くお昼寝中ですが、


190714b

ジェマはどこかちょこっとだけでもくっついていたい派。

性格なのか年齢(1歳3か月)のせいか。
まあ、どちらにしてもかわいいぞ、という話。


人気ブログランキングへ← 安心を補填される兄さん。

帰り際、ちょっと小雨がぱらついたものの今は青空のボルトンからこんばんは。

さて。

日本では参院選があるということで、昨日投票用紙を日本へ郵送しました。
在外選挙人登録をしておくと、日本を離れる前に住民票があったところで選挙に参加ができます。
(詳しくは外務省のリンクを参照してね → )

海外に住んでいる人のオプションとしては、

  1. その国の在外公館へ直接出向いて投票
  2. 郵送による投票
  3. 日本にいる場合は日本で投票

の3択。

今回は特にロンドンに行く用事も時間もなかったので、郵送です。
ただ、郵送の場合、英国から投票用紙の請求書を日本の自治体へ送り、自治体が英国の住所へ投票用紙を送り、記入した投票用紙を再度日本へ送り返す、という国をまたいで「行って返って行って」の3工程なので時間がかかります。

なんで、在外公館でまとめて受け付けてくれないのかは謎です。
きっと理由があるのでしょうけども。


昔は普通郵便でも日本へは5営業日で届いていたと記憶しているのですが、最近は「6日〜7日」に変わっているようです。

その代り、International Tracked & Signed というサービスが始まり、トラッキングサービス付きで「5日〜7日」。
このトラッキングが以前は英国内までの追跡しかできなかったのですが、今は日本の郵便局と提携しており、日本国内での追跡も可能になりました。
世の中便利になりますね。

なので、きちんと届いたか確認したい大事なものはこのサービスで送るようにしています。

現在のところ、わたしの投票用紙はヒースローのワールドワイド ディストリビューションセンターにある模様。

190711

言ってくれればブーの鼻息で日本へ飛ばすのに。


人気ブログランキングへ← お心遣いだけで…。

↑このページのトップヘ