dyson昨日、またしてもまたしても、我が家のダイソン君(掃除機)が壊れた。そして原因はまたモーター。掃除をしている最中に「ウイ〜〜〜〜〜〜ン、ブブブブブ」と怪しげな音を発すると同時にプラスチックが燃えるようないやな匂いが充満。
このダイソン君を大枚はたいて買ったのが2年半前。その間カスタマーサポートに電話をすること3回。そしてこれが4回目。モーターが原因はこれで2回目。壊れすぎ。

「8サイクロン方式で吸引力も8倍!!!」

確かにそうなんでしょう。ものすごい吸引力でイギリス全土で人気者だ。カーペットまで吸い込みそうな勢いで吸い付くからものすごく重いんだけれど。でもそのせいでモーターに負担がかかりすぎなんではないだろうか。
とにかく掃除機が使えないことには掃除もままならないのですぐに電話をする。
このダイソン社はイギリスの会社なのだけれど、カスタマーケアに結構きちんと力を入れていて、対応も迅速だ。オペレーターにつながるまでの保留の間も(なぜか微妙に悲しげな)音楽と音楽の間に、

「大変お待たせして申し訳ありません。私たちは常にベストのサービスを心がけておりますが、現在電話が込み合っております。今しばらくお待ちいただくか、ダイソン社ウェブサイトでも対応をしております、アドレスは・・・・・・・」

というアナウンスが10秒おきくらいに入る。「もう頑張ってるのはわかったってばっ」、というくらい。
そしてオペレーター登場。我が家のダイソン君の病状を伝えると、

「エンジニアをそちらに寄こします。では・・・」

来週とかって言われるんだろうなぁ・・・。

「明日か、月曜はどうでしょう?」

おおおおっっ、イギリスの会社にはあるまじき迅速さ!もちろん次の日(今日)にお願いする。何時くらいになるのかを聞くと、

「え〜、朝8時半から夕方5時半の間です」

おおおおっ、そこはイギリス、丸々一日を予定に入れてきた!
でも来週と言われるよりはましだ。来る前に連絡をしてくれるようお願いして電話を切る。

そして今朝。
ドドドドドドンっっ、という誰かがドアをノックするものすごい音で叩き起こされる。条件反射でベッドから跳ね起きて下まで降り、ドアを開けると、
「モーニンっっ!ダイソンです!!」
と身なりもきちっと整えた金髪青年が朝日を背中から浴びてきらきらと立っていた。まぶしすぎる。
こっちは寝起きのパジャマ姿にとかしてもいないモサモサ頭、目やにのついた目も半分くらいしか開いてないし、ワタシが一昔前の日本人女性ならこの場で舌を噛み切って自害していたと思う。
とりあえず急いで我が家のダイソン君をひっぱってきて、
「昨日突然死んじゃったんです。たぶんモーターです」
とわけのわからない説明をして、2階に駆け上がり、ダッシュで着替える。一体何時なの!?と時計を見ると8時35分。
ああ・・・時間通りだよ・・・・・・。
そそくさと下にまた下りて、
「昨日8時半から5時半の間って言われたからこんなに早く来るとは思わなかったの・・・」
と無意味な言い訳をすると、
「いやー、みなさん自分は最後だって思いますよね。だから前もって電話するようにって聞いてたんですけど、この時間なら寝てる人も多いからしなかったんですよ。ははは。」
って・・・。ああ、お気遣いまでありがとう・・・。でも電話してくれていたらあんな姿を見知らぬあなたに晒さずに済んだんですけどもね・・・。

もちろん青年エンジニアは自分の顧客が玄関先で自害しかけたなどと知る由もなく、10分ほどでダイソン君の息を吹き返すと、作業していた場所をぱぱっとかたずけきれいに掃除機もかけて、「それじゃあ、また!!」とさわやかに退場していった。

ダイソン社よ、そのポジティブパワーを製品技術にも使ってくれ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

七夕ですな。
あ、でも日本時間で反映されるともう8日ってことになっているのか。むむむ。
でもイギリスは七夕どころの天気じゃなさそうだ。
北部は比較的一日持ちこたえたけれど、南のほうは暴風波浪、という状態で停電しているエリアもあるらしい。後2,3日はこういう天気だそうだ。北にも来るのかな。

織姫、彦星も風が強くて年に一度の逢瀬もこれじゃあ台無しだ。しかもコンタクトなんてしていた日には目にゴミが入って涙は出るし鼻水は出るしデートどころじゃないなぁ。
なんてことをバスを待ちながら今日は帰り際考えていた。そしてバスは来なかった。
1時間も強風の中待たされるハードコンタクト着用のワタシ。勘弁してくれ。

今週ボブ男の学校では学期末の催しで「Grease」(ジョン・トラボルタとオリビア・ニュートンジョンのアレ)を上演中。プロのミュージシャンや本格的な舞台装置を使用した力作なんだそうだ。校長がもともとドラマの先生なのでかなりの熱のいれようで、その分予算も大幅アップだそうで、タダでさえカツカツの学校運営費から搾りだしているため後が怖い、とオットが漏らしていた。
それだけの時間とお金を使った甲斐があってよいものができたそうなので、土曜日に一緒に見に行くことにする。
実はこの「グリース」、大学時代に一度はまり、友人宅に泊まって一緒に何度も何度も腹を抱えて笑いながら繰り返して見たことがあった。あれだけくだらないストーリーをあれだけ真剣に演じるってすごいことだ。「ハリウッドの底力」ってやつなのか。主人公の一人サンディが最後にいい子ちゃんから不良に大変身を遂げてハッピーエンドっていうのもすごい。ちから技。
見たことない方はぜひビデオで。一見の価値アリ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の天気は降ったりやんだりでせわしない。傘がいるのかいらんのかはっきりしてくれ、と毎朝やきもきしている。
今日もそんな感じのお天気でおそらく降るでしょう、という雲だったので折りたたみ傘を持って出かけて大正解。一時はどしゃぶりになったりして、今も外はしとしとと雨が降っている。
なんだかなー。夏、終わり?
去年もそんなうわさがこの時期たった気がするけれど、今年もそうなのか?

一応セールも始まっていることだし、オット抜きでショッピングに出ようとおでかけ。オットと一緒だと即断即決を無理やり迫られるのでいやな汗をかいてしまう。
で、それをいいことに(?)さっそくバッグを一つ買い、数時間後にやっぱり思い直して返品という技を繰り出してしまった。いや、いままでそんなことをしたことはないのだけれど、買った後他のお店で「もっと理想的な」バッグに出会ってしまったからなのだ。

「さっきの値段出すならそれに上乗せしてもこっちのほうがいいんじゃないのか???」

というワタシが陥りやすいショッピングスパイラル・・・。行けども行けども答えは出ず。というより答えはない。オットに言わせると

「ひかるはコレいいな、と思ってもまだ他にもっと理想的なのがあるんじゃないかって頭に思い描くような完璧なものがどこかにきっとあると思っちゃうから決められないんだよ」

ということらしい。そうか。いや、そうなのか・・・?
思い描く完璧なバッグ・・・。使い道にもよるし、きている服装にもよるではないか。
とにかく、知り合って7年、その間普段使いのバッグが2つだけ(つい先週までは1つ)のオットにバッグ道を語らせてなるものか!
理想の一品に出会うその日まで、ワタシの精進の日々は続くのだ。

ちなみに今日であった「もっと理想的な」バッグは結局買っていない。
バッグ道は奥が深いのだよ。ふふふふふ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ