天気予報の通り朝からどんより曇り空。「雷をともなう雨」といっていたがそうではなさそうだ。とりあえず洗濯はできないな。こういうどんよりな天気で外にも干せない、かといって家のラジエーターに乗せてもヒーティングは気温が高すぎてつけるには暑いって時は一体皆さんどうしてるんでしょうね。イギリス人は躊躇わず干すか。でも室内に物干し紐を持ってる人もいるし、ハイテク家族は乾燥機って手もあるし。私は躊躇わず洗濯延期。ずぼらだ。

車の修理代を払いに坂の下のガラージまで降りる。御年十数年。真っ赤な日産サニーだ。義父が中古で買い、だんなにお下がりしたものをさらに私がお下がりしたという日本でだったらまず見ることの無い「じいさん」カー。でも私は愛着があるので当分手放す気はない。もともと普段も運転する機会が少ないので何とかもっている、という感じなのだが今回はブレーキの修理をした。
ガラージのスティーブは大変気のいい人で、私のサニーの面倒を良く見てくれる。高速でタイヤがパンクしたときも(いやー、あのときは死ぬかと思いました)、テスコでラジエーターの水漏れでエンジンがかからなくなったときも、たった一週間放置したらすねてバッテリーがあがったときも、「た〜す〜け〜て〜〜」と行くといつも「あいよっ」と直してくれる。どうしたらそうなるんだっていうくらいいつも顔も体も油で真っ黒。たまにお休みの日にこぎれいな姿を見かけるとまるで別人だ。今回のブレーキもすっかり良くなり「まだオイル(?)がちょっと足りないと思うからどっか出かける時についでによってくれればさしてあげるよ〜」と真っ黒な顔で言ってくれた。ありがたいなぁ。

テスコに買い物。食器洗いようのゴム手袋、ここ数日の気温の高さでちょっと窓辺においておいたら引っ付いて、引っ張ったら親指の部分が破けてしまったので買いなおす。いつものやつを・・・と思ったら新製品発見。「センシティブスキン用」。おおおー、と早速試してみることにする。袋をがばっと開けると「むっ・・・」ゴムくさい。手を入れてみる。内側のライナーがわざとついてない。うーん、どうよコレ?と思いつつ食器を洗う。ゴムは厚めでいいけれど、このゴム臭、何とかならんのか。洗っているうちに匂いで眉間の辺りが痛くなる。まるでイチゴポッキーを食べたときのような気分の悪さ(わたしだけか?)。だいたいセンシティブスキンでもないくせに何で買ったんだ!?と眉間にしわを寄せつつ自分に腹を立ててみる。でも、ゴム臭苦手な敏感肌の人は一体どうしたらいいんだろうなぁ、とちょっと同情してみる。

ボブ男が「暑い・・・」と言うためだけに職場から電話をしてきた。何か他にも言うことがあったのかもしれないが、後ろが騒がしくなり「あ、もういかなきゃ、じゃっ」と切られた。じゃあ今日はそうめん日和かなぁ、ということで今晩はそうめんに決定。自分で作った錦糸玉子の美しさにほれぼれする。
このエントリーをはてなブックマークに追加

気がついたらもう一週間たってるぅぅぅ。
なんだかちょっと(私にしては)ばたばたした一週間。
木曜は掃除デーなので鬼のように掃除をしまくり、洗濯機を3回まわし、買い物に行く。
金曜日、朝ボブ男に頼まれたお使いを済ませ、洗濯機を1回まわし、おめかしして夕方外出。同僚のぷち送別会のためパブで飲む。で、バスでダッシュで帰宅。フランスから遊びに来ている友人を交えて隣人と夕飯を食べる。
土曜日、朝Halifaxに住む友人が約束の時間通り到着、朝ごはんを一緒に食べてからリーズに結婚式の衣装選び(といっても参列側)のお手伝いをしに行く。10時半ころ家を出て、帰ってきたのが6時過ぎ。いやー、歩いた。で、一緒に我が家で夕食。
日曜日・・・。思いだせん。うーん、うーん・・・・・・
あっ!そうでした、リーズの外れの大きなセインズベリーに買い物に行ったのでした。夕飯はボブ男が作ってくれたスパゲティボロネーズ(数日前に食べたような・・・いや、ありがたいありがたい・・・)。
月曜日、火曜日、仕事。
水曜日、仕事、と。
私にしてはがんばった、と思ったのに字にすると11行の6日間。けっ。

ここしばらく続いているイギリスの猛暑も今日で終わりの様子。こんなに長期間暑かったのは76年以来だそうだ。約30年ぶり・・・。かみしめとかないと次は30年後だ。でもイギリスの場合日本と違ってこんなに暑くなってもバスにも多くの店にも冷房がついてないので結構体にこたえる。日本だと外に出るときさえ我慢すれば、という感じだがこっちはなかなかそうはいかない。冷房なしの車で帰ってくるだんなは家に着くと抜け殻のようだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

暑かった。ヨークシャー地方の最高気温は24度だったとか。イギリスにしてみればこれは完全に「夏日」だ。めでたい。実はもう夏は終わったんじゃないか、という話が出てたので(夫婦の間で)なんだか「やればできるじゃん、イギリスの天気」という得した気分だ。

ただこの気温の高さのせいか、今日はきょーれつな匂いを発するショップリフター(万引き常習者)と遭遇。2人連れの男性で入ってきたと同時にその場にいたスタッフ全員に「警戒警報」がびびびびーと鳴るようなあからさまに挙動不審な2人。メンズエリアを物色しだした。お店のつくり上、陰になる場所が多いので2人組みの場合特に注意が必要なのだ。そ知らぬふりをして近づこうとする、がっっっっ、半径2.5mくらいの位置までそれはもう新手のガス爆弾かってくらいのフレグランス。お風呂に数週間以上入っていない&ワキガの匂いだ。近づこうにも近づけない。
と思ったら向こうから近づいてきたーーーーーーーっっっ。
わーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっっっ。
「んがっっ」ととっさに息を止める。が、この震源地付近の強烈な刺激臭は息を止めたくらいでは効果が無く、鼻腔を直通し脳に達するくらいの勢いでがんがん攻めてくる。目がしばしばして、むせ返りそうになる。
その2人組みはしばらくメンズエリアを満遍なく物色し、スタッフが警戒している様子を察してあきらめて出て行った。
ああ、息が出来る、と思ったが結構長い間いたため残り香が・・・。早足に別のエリアに緊急避難。
いやー、これは本当にすごかった。いままでこんな匂いはかいだこと無いです。この2人組み、私の心の中にしっかり「ワキガーズ」として刻まれました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ