朝はちょっと遅めに起きて朝食を済ませ家から車で40分ほどのHebden Bridgeという町へ行く。久々にサニー出動。
この町は規模は小さな町だが若くてトレンディーで収入もある程度あるような人たちが多く住んでいる(レズビアンカップルもなぜか多し)所なのでタウンセンターにあるお店が私が住んでいるところなどとは全くまったーーーく比較にならないほどお洒落なのだ。
久々に行ったのだが、目抜き通りのお店の数もさらに増え、町が全体的にどんどん大きくなっていってる感じだ。そして何よりも増えたのがカフェ。数十メートル置き、場合によってはあるカフェの向かいも2件となりもカフェ、という状態で、「こんなでやっていけるのか?」とこっちが心配になるほど。
私たちはその中のひとつのオーガニックカフェに入った。カプチーノとキャロットケーキを注文。ケーキはしっとりしていて甘すぎず合格点。97年に初めてイギリスに来たときは年配の人が集うようなティールームはあっても気軽に入っておいしいコーヒーが飲めるところなんてヨークシャーには皆無だったことを思うとイギリスもずいぶん洗練されてきたなぁ、と思わず遠い目になってしまう。

帰りにお肉屋さんで夕食用のお肉を買って帰宅。今晩は牛肉のキャセロールだ。お隣さんも誘う予定。

ボブ男はジムに行ってしまったので、これから一人の時間を謳歌しなくは。とりあえずプレステでもしようかな〜。むふふ。