ボブ男の誕生日は本当は8日なのだが、それだと月曜日なのでちょっと繰り上げて今日祝おう、ということになる。
でもプレゼントは月曜日までお預けだ。この辺イギリス人は律儀に守るらしい。早めにもらっても当日まで開けない。カードもしかり。

祝おう!とは言ったもののディナー以外に特にすることはない。午前中はリーズに出かける。気に入っていたスーツのズボンの股の部分が擦り切れていることを昨日発見。モノもいいしまだ2年くらいしか着ていないと言うのに、学校で毎日踏み台昇降でもしているのか?まぁ、毎日お昼は外でトランシーバー片手に見回りしている(ボブ男の学校の生徒はいつ何時何をしでかすか全く予想不可能)というからかなりの量を歩いているのだろう。「もっとハードウェアリングなズボンを買うぞ、お〜〜っ」と勇んで出かける。

ちなみに学校が始まって一週間。生徒が全員そろったのは水曜からなので、正味3日の間ですでにカナビス(大麻)喫煙で停学3人、人種差別で停学1人、けんかで鼻を折るもの1人、学校付近の工場の車に石を投げてガラスを割るもの1人、という状態。そりゃズボンも擦り切れるか。

買い物を済ませた後は、ワインを買って友人宅へ。子供の1歳の誕生日にお呼ばれ。ワインはもちろん赤ちゃん用ではなく、親一周年記念ということで両親へ。

ディナーのレストランは私の誕生日と同じレストランへお隣に住む友人夫婦と4人で。今回私はローストダック、ハニーローストパースニップ、赤玉ねぎ、ポテト添え。ああああ、うまい〜〜〜。そしてデザートはレストラン特製アソートメントで小ぶりのラズベリークリームブリュレ、チョコレートスポンジ、チョコムース、チョコかけバニラアイスがひとつのお皿にちょこんとのったもの。いろいろなものをちょっとづつ食べたい、という私の欲望を見事に満足させてくれるデザートだ。幸せ気分のまま帰宅。
また行くそぅ。ふふふふふ。