先週の木曜日に我が家に働き者がやってきた。
その名を「Siemens IQ洗濯機」という。
14年オットが使い続けたこれもSiemensの洗濯機の調子がとうとうおかしくなり始めたのが数ヶ月前。この長老もそれはそれは働き者で14年の間お医者に見てもらったのは1度だけ。ボブ男はかなりの愛着があるため、これはどう考えても買い替えの時期が来たとわかっているものの
「買わなきゃね、新しいの買わないとね・・・」
といい続けてすでに数ヶ月。
とりあえずその間、すでに体調が悪いのに無理をさせては・・・ということで洗濯するときはつねにHalf Loading(全収容量の半分の量で洗濯)。もともと大容量ではない洗濯機なのにその半分しか洗えない。洗濯カゴの中はいつのぞいても「底なしか!?」というくらい常に洗濯物がたまるようになってしまった。そんな一時の子供だましのような対処を続けているうちにだんだん半容量でも
「もー、ムリ。限界ですーー」
と危険な音を発するようになってきたのでようやく重い腰を上げ、先々週2人でリーズに洗濯機探しにでかけた。
このメーカーを扱うお店は少なく、リーズの中心部でしかも多少定価より安く値段設定しているであろうお店は2件のみ。選択の余地はほとんどない。そして実際リーズに着いてから洗濯機決定までの所要時間およそ10分。
1件目で「現品見本。一台のみ限定!」というかなりのお買い得ものを発見。夫婦でにわかに色めき立つ。ボブ男はもうこの時点で「いただきますっ」という顔をしていたのだが、いやいや、ツマとしてココは冷静に。まず確かにかなりの値引率、そしてウェブサイトで見てコレが買えたらいいのになぁと思っていた品だがそれでも大体設定していた予算より結構上だ。それだけを出す価値はあるのか、洗濯機は洗濯できればいいんじゃないのか・・・。う〜〜ん・・・と眉間にしわをよせてワタシが「これは実際得なのか?」考の渦の中へとふかーくふかーく入っていこうとしていると、その洗濯機の上でパッと光り輝くパネルが目に入る。
「Free 10Year Guarantee 」
無償で10年保証!!
この国でそれを言ってくるとはいい度胸だ。製品に自信アリと見た。ああっ今がっちりツマのハートを掴んだ音が・・・。
いやいや、まだわからん。比較をしなくては比較を!
「えー、これでいいのに・・・」
というオットをつかみ、ワタシは「一応他のお店も見てきますっ」、ボブ男は「でも多分もどってきます」とお店の人に言って店を出る。
しかしもう一件のデパートでは同じメーカーの別の製品を扱うのみ。比較できないじゃないかっ。ボブ男の気持ちはもうあちらなのですっかり上の空で、洗濯機を見ているようで実は食洗機を見ていたりする。
結局そのデパートにいたのは一分足らず。すぐにさっきのお店へ飛んで帰ってお支払い。

そして届いたIQ君はそれはそれは賢くて働き者だ。洗濯物を入れると重さを量って後どのくらい入れられるのか教えてくれるし、洗剤の量も教えてくれるし、何時に洗濯が終わるのかも教えてくれるし、スピンするときにちゃんとバランスを保つように回るし、汚れ具合で時間も自動調節だし、水漏れ防止機能もついてるし、何より静か!!
14年の間に洗濯機界はこんなにも進歩していたのか・・・。涙がでそうだ。ううう。