安定しない天気が続く北西部からこんばんは。

さて。

7月後半に術後初めてのMRIスキャンを受けていたのです。

毎度のこと結果はすぐには知らされず、のんびり待つよと思っていたらすでに10月。
便りがないのは良い便りとは言いますが。
コロナ禍でのNHS(国民保健サービス)の奮闘というのは重々承知していますので、緊急じゃない案件の多少の遅れは仕方ないと思っているのですが、さすがにどうよ。

いい加減お伺いを立てても角は立たないだろう、ということでいつもの秘書にメールを送ります。
返信は、

「先週、先生が結果を見たところなので、多分今週中にはレターが届くと思います。今はちょっとバッグログの対応に追われているので…」

蕎麦屋の出前かな?
あるいはテレパシー。

とりあえずリマインド機能は果たした、ということでレターが届くのを待っていたわけですが、まあ来やしない。
そのまま2週間が経過したので、

「もしかして郵便がどこかで紛失してるんですかねぇ。メール添付でもこちらは全然構わないんですよ〜」

再催促。
メールに返信はなく、その翌日にレターが郵便で届きました。
蕎麦屋め、油を売りおって〜。

で、レター受け取りまでの前置きが無駄に長くなりましたが、結果は良好でした。

今のところ、摘出跡はきれいで再発も見受けられないとのことで、現在腫瘍フリー。
1月にまたスキャンを取って、その結果も良ければ年に1度の定期検査に変更可能、と。

人の身体はいつどうなるかわかりませんので、先の不安はひとまず置いておいて、今はそこそこ健やかだ、という事実を噛みしめようと思います。

211031

さあ、宴の準備を。


← 便乗商法。