カテゴリ: 日々のあれこれ

朝は冷えて霜が降りていましたが、その後なんて素敵な青空だ、のボルトンからこんにちは。

210228

ほうら。

ベッドで寝っ転がっている間に、日差しも着実に春のものに変わりつつあるイギリスです。
少しずつ起きたり、立ち上がっている時間も長くなり、そろそろ背骨も安定してきている気がするので、行ってみよう、と退院後初ウォーキング。

まだ以前のようなスピードは出ませんが、家の周りをゆっくりぐるっと一周は達成。
つい先日まで、髪を洗うだけでゼーゼー肩で息をして、家の階段の上り下りで両足がモーレツに筋肉痛になっていたことを思えば、ずいぶん回復したなー、と自画自賛。

そういえば、退院の日は「大丈夫いけるいける」なんて言って歩き出したものの、病棟から病院のメインエントランスまでの途中で力尽きて壁にななめに寄りかかっていたら、通りかかった従業員の方が車いすを持ってきてくれたのでした。

ただ、こうやって1周に成功すると、ついこれならもう1周できるんじゃないか、やればできるんじゃないか、と心の中のスパルタンがささやいてくるのが昭和生まれ。

昭和は遠くになりましたが、小さい時に刷り込まれた「努力信仰」はなかなか消えません。
「努力」という言葉は嫌いなのに、ついちょっと無理をした先に何かがあるんじゃないかと思ってしまうのはなぜなのか。

今日は玄関前をもう一度通り過ぎそうな自分を、「やめとけ、やめとけ」と押しとどめてウォーキング終了。
おやつの紅茶とキットカットがおいしいです。


← マゾなのかもしれない。
このエントリーをはてなブックマークに追加

今日も朝から晴れている北西部からこんにちは。

お日さまも出ていますが、たまにちょっと陰るとまだ肌寒いので暖房を入れたところ、

210226a

ラジエーターの前でブーさんの目が開かなくなっています。
よっぽどポカポカが心地よいようです。
ねこはいいなー。

210226b

じゃましないで。

あいすいません。

さて。

全然話は変わりますが、退院時に夫が「いいプレゼントが届いているんだよー」とニヤニヤして、わたし宛の薄い封筒を一枚渡してきました。

送り主の名前はなく、なんじゃこりゃ?と開けてみると、

210226c

Channel 4ニュースの気象予報士リアム兄さんからのサイン入りブロマイドでした。



昨年 ↑ で話題にしましたが、リアムさんのシャツの色当てクイズは現在も続いており、入院中も夫とスマホメッセージで予想を送り合う、ということをしていたのです。

その間にどうやら夫がリアムさんに直接メールを送り、かくかくしかじかで、ロックダウン中の毎日のささやかな楽しみにしていること、妻が現在入院しており、サイン入りの写真をもらえたら元気が出ると思う、というようなことを伝えたらしいのです。

快く送ってくれたリアム兄さん。
いい人だ。

まあ、サイン入りブロマイドが欲しいと思う程ファンかと聞かれたら…ごにょるわけですが、でも気持ちが嬉しいです。


← 今日のわたしの予想は紫ですよ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

月曜日は太陽も少しでたのにねぇ…のボルトンからこんばんは。

1月ももう残り僅か。
あっという間すぎて、もうすでにあんまり記憶がありませんが、毎日平和に過ぎているからということかもしれず、それはそれで幸せなのではと思ったり。
毎日がドラマチックだと身体がもたないからさ。

さて。

先日大量に注文した、ちんぴら兄妹(猫)のごはんとトイレ砂が入っていた大きな箱。
夫の中の「クラフトごころ」が突然湧いたようで、朝から下でガサガサしていたのです。

「ちょっと、そこ邪魔しないの!」

ブーさんとまたつばぜり合いをしている様子。

その後、休憩に階下に降りたら、

210126a

ルーフバルコニー付きの平屋マンションが建っていました。

『都会の喧騒を離れ、ひとたびドアを開けると、そこに広がるのは静寂と安らぎの空間』

勝手にマンションポエム。
ブーさんは買う気マンマンです。

夫は夫で施工主として、入り口ドアのこだわりを語り。

「定規でちゃんと線を引いてね、箱のふたは開けずに中身を取り出したので頑丈です」

210126b

ちょっと日当たりはどうなの、日当たりは。

ジェマは購入には慎重派。


← 夏はバルコニーで友人を集めてBBQ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ