カテゴリ: 気になる

朝は青空だったのですが、また雨がぱらついてきているボルトンからこんにちは。
でも昨日より天気は良くなる、という話です。
ほんとかな。
最高気温は15度程度らしいので、もうすっかり秋。

さて。

今日、ツイッターのタイムラインに面白い記事が流れてきました。



昨日、最近の眞子さん結婚報道の過熱からYahoo!ニュースのコメント欄利用に関するユーザーへのお願いが発表された、ということからの流れのようです。

インターネット黎明期の辺りでは検索に利用していた時期もあったものの、もうすっかり足が遠のいていたため、何かと話題に上るコメント欄の無法地帯ぶりという話や、日本のラジオを聞いていて、

「こんなことを言うとまたYahoo!ニュースにされてしまう」

といった話を小耳に挟むたび、「使わなきゃいいのに」と単純に思っていたのです。

が、上記の記事を読んで(少し古いですが)、日本でのYahoo!ニュースの独り勝ちっぷりを改めて知り、ああだからなのか、と納得した次第です。
で、今後Yahoo! Japanはコメント欄をどうしていくべきなのかといった話はいったん脇に置いて。

なんでこんなにニュースソース(主にソフト提供でも)として人気があるのか、というのを考えた時に、歴史的背景の他に、

折込ちらし文化
旅館の夕ご飯

ということを思いました。

もう新聞を定期購読して、家に配達してもらう家庭というのは少なくなったのかもしれませんが、わたしが実家にいたころは、毎朝郵便受けに新聞が届き、その中には折込チラシが大量に挟まっていました。
特にクリスマスやお正月などの行事前には新聞より厚いじゃないか、というような大量のチラシが挟まっていたものです。

それを床に広げて、今日はこっちのスーパーの〇〇が安いだとか、クリスマスプレゼントにこれがもらえたらいいのに、だとかチラシに踊る赤文字や大量の商品情報から想像力を羽ばたかせ、選ぶ喜びを味わっていました。
わたしが今でもカタログ系の冊子に心が躍るのは、折込チラシで育まれた文化があるからではないかと思います。

そして、旅館の夕食と言えばあのテーブル一面に並べられた、大量の小皿や小鉢に盛られた料理の数々です。
家では手間のかかる、「ちょこちょこ色んなものを食べる」という喜び。

この喜びはどかんとメインのお肉が一品、プラス、イモ・野菜という「Meat and two veg」文化で育っている、我が家のイギリス人の夫にはあまり理解されません。

そういう日本人が好む「一目で大量の情報」「しょっぱい物から甘い物までちょこちょこ色々」というのをYahoo!のポータルは日本で提供しているのではないかと思ったりします。
インターネット上の折込チラシ的な。
広く浅いカバーなのは「ちょこちょこ」食べたいからです。

提供されるものはおいしくいただけますが、ちょっと食べたりないという時にそれを直接提供してくれる他のニュースブランドが育っていないため、独り勝ちの状態が続き、それをさらに強化させる、と。

今後、この状態がどう変わっていくのか、あるいは変わらないのか。

211003

ブーのニュースソースはファイナンシャルタイムス。


← ツナのサステイナビリティが気になるのでね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

朝からちょっとどんよりしていますが、そのうちお日さまも出るんじゃないかな、という気がする北西部からこんにちは。

朝の5時半にちんぴら兄妹(猫)が「起きた!ごはん!」と騒ぎ始め、しばらくベッドにしがみついていましたが6時には起床。
眠い。

夫も一緒に起きたついでに、「今ならまだ空いてそうだし」と車のガソリンを入れに行きました。
というのも、以前も話題にした「ドライバー不足」により、いくつかのスタンドで供給が滞りガソリンが売り切れ、この売り切れた&ドライバー不足は一朝一夕には解決しなさそう、というニュースがパニック買いを誘発し、という悪循環に入り始めているイギリス。





「ガソリンもうすぐ切れそうだし、来週会議で車を出さなきゃいけないし、僕のはパニック買いではありません!」

ああそうですか。

このドライバー不足で、クリスマスのプレゼントになるおもちゃの供給が滞るとか、七面鳥は手に入らないかもとか、イギリス人の琴線に触れがちな「クリスマス」に絡めたニュースも出始め、今日あたりに政府が対策として臨時に一部のセクターで外国からのドライバーのための短期ビザを発給する、という発表があるようです。

あら、Brexitだ主権回復だで外国人はお断りだったんじゃないんですか?と嫌みの一つもいいたくなるってもんです。

そもそも、その短期ビザでも、じゃあイギリスまで行ってやろうかと思ってもらうには、お給料面などでかなりの魅惑パッケージにしないと人は集まらないはずで、長期的な解決にはならないわけです。

現在、コロナ禍で滞っていた大型トラックの免許試験のキャパシティを増やして対応している、ということのようですが、教習から免許獲得までは最短2か月程度かかるという話。
もう10月から始まるクリスマス商戦に間に合わないじゃない?

これに加え、ガスの値段が高騰したことにより、自由市場化していた電力・ガス供給の小規模会社が次々と倒産の憂き目に遭い、150万人の顧客に影響が、なんてニュースも出ています。



光熱費は上がり、スーパーの棚は空で、ガソリンも入れられない、そしてコロナ、とイギリスは現在またも満身創痍です。

210925

ちょっといったん寝て落ち着こう。


← 起こしといて自分は寝るタイプ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ぴかーと太陽が差し込んだかと思ったら、雲に隠れてどんよりしたりを繰り返しの北西部からこんにちは。
気温は現在21度。

この時期、日の出は6時半ごろ。
夏の間はカーテンを半分空けておいて、日が徐々に登るにつけ部屋が明るくなるので結構すっきり目覚めることができるのですが、これからの季節はそれもままならなくなり。
アラームが鳴っても真っ暗で、「え、何時?」みたいなことになるのです。
ああ怖い。

さて。

先日話した通り、火曜日に首相から『イングランド、COVID秋冬プラン』が発表されました。
発表前に報道されていた通りの内容で、特に目新しいものもなかったのですが、今回は「Plan A」と「Plan B」という構成です。

Plan A
  • ワクチン未接種の人へ接種をすすめる
  • 12〜15歳へのワクチン接種開始
  • 50歳以上と医療従事者等を対象にブースターワクチンの開始
  • 感染者早期発見のためのTest&Trace、そして自己隔離の継続

ひとまず、このプランを推し進める、というのが第一で、それでも感染者が増えNHSが逼迫しそうという状態になった場合には、

Plan B
  • 慎重な行動をとるよう国民に促す
  • 大人数のイベントなどではワクチンパスポート導入の可能性
  • 特定の場所でのマスク着用の法的義務化
  • 在宅勤務を再推奨する可能性




また、逼迫の原因はコロナとは限らず、昨年は厳しめのロックダウンがあり人との接触が限られたため、インフルエンザの流行はほぼ見られず、そうなると今年は多くの人の免疫が落ちている状態で、秋冬に主に屋内で接触が始まると、コロナ以外の呼吸器系の病気になる患者が増える可能性もある、ということのようです。
特に体力のないお年寄りや子供が罹ると、悪化 → 入院 → NHS逼迫 の可能性という図式。

あちらを立てるとこちらが立たず。
NHSが逼迫するのは、コロナ以前から冬のイングランド風物詩でもあったような気がするので、Plan Bもそう遠くないのではないのかしら、と思ったり。

210918

夜はあったかくしてねんねよ。


← お腹は冷やさないよ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ