カテゴリ: 旅行

昨日よりは気温は少し下がるという話だったのに、体感温度は高かった気がするイギリスからこんばんは。

さて。

せっかくお休みも取ったし、どこにも行かない家籠り生活に新たな風をということで、

210813a

マンチェスターピカデリー駅から電車に乗って、ロンドンへ1泊してきました。

去年3月のロックダウン以来、公共交通機関を使うのは初めてだ、ということにはたと気づいたり。
電車は規制解除前は間隔を空けてしか座れないようにしていたようですが、規制も解除ということで通常通り。
ただ、まだ完全に人の動きがもとに戻ったわけではなく、ボルトンからマンチェスター行きの電車は、通勤時間だというのにガランとしていましたよ。

今回の宿はコベントガーデンに夫が取ったのですが、「着くまで教えなーい」というのでどこに泊まるのか知らされていませんでした。
ふたを開けたらちょっと贅沢をしたようで、とても素敵なホテルでした。

210813b

ほら素敵。

ここはさすがに客室ではなく、滞在者がのんびりできるラウンジです。
大きさ的には我が家の敷地面積ぐらいあるんじゃないかな?っていうサイズの居間。

部屋も広々、ベッドも広々、お風呂も広々で大満足でしたが、ベッドのマットレスは少し柔らかすぎた…。
好みなんでしょうけどね。

ロンドンへ行くからにはもちろん、散髪も予約済み。
8か月ぶりのヘアサロン、カラーをして髪を洗ってもらう間、あまりの気持ちよさに意識が飛びました。

ちょっとだけ早い誕生日祝いやら、結婚記念日やら諸々を詰め込んだ一泊ということで、

210813c

美味しいお酒を飲み、

210813d

美味しいものを食べ、

210813e

夫が80年代から通っているというコーヒーショップで朝ごはん、と

210813f


210813g

久々に文明を味わった気がする2日間でした。


← 今日の歩数はさすがに1万歩を越えましたよ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

南の方がさえない天気だった北西部からこんばんは。

何の話かといいますと、昨日から1泊でロンドンへでかけておりました。

帰りの電車で北へ行くほど青空が広がっていて、ちょっと損した気分になりましたが、気温は南の方が暖かでした。

200223a

ロンドンはすでに春の気配。

200223b

桜もちらほら咲いています。

今回は、友人が所属しているSea Shanty(海の男・女の労働歌)のコーラスグループで、彼が作ったオペラが上演されるというというので、それを観るのが主な目的でした。



シーシャンティとオペラという組み合わせはどういう感じになるのかな、と思っていましたが、それなりにうまいこと出来上がっていた気がします。
独特の節回しで聞き取るのはわたしには難解なのですが、ストーリーラインがあるのでわかった気になれます。
思いのほか盛況のため、連続2回公演だそうで、友人とははじめと終わりにバタバタっと挨拶をするだけに。

もちろんいつもの散髪も計画にねじ込み、すっきりして帰ってきましたよ。

200223c

泊まっていたHackneyエリアのカフェで朝食。
コーヒーとサワードウブレッドのトースト、バターにジャム。
カリッとしたパンの耳に、口内をやられがち。

200223d

帰りの電車で、ちょっと贅沢してお寿司。
生のホタテは久しぶり…。


人気ブログランキングへ← おかわり。
このエントリーをはてなブックマークに追加

オレンジ色の朝焼けがきれいだった北西部からこんばんは。
帰るころには少し雨がぱらつきましたが、日中は上出来な天気でした。

さて。


191204a

マンチェスターには昨日早朝に無事帰宅。
画像は朝4時過ぎの大変ひっそりとしたシャルルドゴール空港。
中のお店が開き始めるのは6時からですよ。

上限23圓圓辰燭蠅傍佑瓩織后璽張院璽垢硫找鬚をして、あれはそっちに、これはあっちにと片付けて、洗濯機を回し、お風呂に入ってひと段落。

帰りの飛行機は夜遅く出発だったので、比較的よく眠れたはずなのですが、午後3時(日本時間24時)になったとたんに、睡魔で目が開かなくなり。
ダメだ、今寝てしまうと夜寝られなくなるからと必死にこじ開けて、さらに夫が合間にちんぴら兄妹と交互に部屋に入ってきて、目覚まし代わりに話しかけてくれるのですが、こっちはもう座りながら白目です。
確実に一時気を失っていました。


で、我が家のちんぴら兄妹(猫)ですが。

兄ブーさんは、わたしがドアを開けるとすぐに寄ってきて、おかえりをしてくれたのですが、妹分ジェマは匂いも違うせいか、ものすごく警戒して2階の踊り場から「こわいー、だれ⁉」という状態。

ひどいわ、

191204b

こんなに貢物を買ってきたのに…。

でもしばらく放っておいたら、さんざんスーツケースの匂いをかぎ、わたしの背中をフンガフンガとかいで、「あ!この人知ってた!」となっていました。

よかったよかった。


人気ブログランキングへ← でも抱っこはイヤ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ