カテゴリ: 引越・リフォーム・家

Barraという名の嵐が上陸しているイギリスからこんばんは。
雨風が窓を打ち付ける1日でした。
あちこち被害が出ているようですが、皆さんどうかご無事で。

さて。

そんな嵐の前日だった昨日はボイラーの調子がおかしくなり、エンジニアに急遽来てもらいました。
本当にね、イギリスのボイラーは肝心の冬になるとへそを曲げるよね。

我が家のボイラーは昨年2月に買い替えていますので、まだ2年も経っていないのです。
しかもイギリスのボイラー界でまあ間違いないと言われているWorcester社製なのにさ…

ボイラーは使っているうちに徐々に水圧が下がり、「プレッシャーが足りていません。水圧をあげてください」というメッセージがパネルに出ることがあるのですが、普通はあっても年に1回かそのくらいなのだそうです。
が、我が家の場合それが短期間に起きるということが続き、何度かエンジニアに来てもらっていました。

もしかしたらパイプのどこかで小さな水漏れが起きているのかもとなり、そういった小さな穴をふさぐ溶液をパイプ内に流した後、しばらく健やかに動いていたのですが、昨日の朝はボイラーから漏れたらしき水たまりがキッチンのワークトップにあり、相変わらず「水圧が!」のメッセージ。

以前のボイラーも何かと問題が起きていたので(だから買い替えたわけですが)、もう何度ブリティッシュガスに電話をしたかわからないくらい電話をしている夫が頭を掻きむしり、再度連絡。

始めはアポイントが取れるのが20日とか言われたそうで、真冬に暖房なしでそんなに待てるかーい、と夫が静かにキレて、エマージェンシーということで来てもらえたようです。

今回来てくれたエンジニアのお兄さんは、ちゃんとマスクをして靴カバーもつけてくれる物静かな人でした。
まあ、その靴カバーをしたまま外に道具を取りに行っちゃったりするのはご愛敬ですけども。

ボイラーのメーカーや機種ごとに、修理ログのような故障記録が残っているらしく、エンジニアはそれを参考にしたりするそうですが、我が家のような新しめのボイラーだと、修繕例がまだそれほどないらしく、ここ最近やっと少しずつ記録が溜まってきていると。
つまり少しずつ壊れ始めている、と。

日本もそうだと思いますが、ボイラーって決して安い物ではないんですよ。
しかも、家の暖房や給湯を一手に引き受けていますので、大事な家のインフラなのです。
それでも数年でログが溜まっていく、という「壊れる前提」というのが何とも理不尽…。
まあ、モノというのは壊れるものなので仕方ないのですが。

エンジニアのお兄さんはこれまで見たこともないガジェットを色々取り出して、時間をかけて見てくれたので、今はボイラーも元気を取り戻しているのですが、油断は禁物。

次に何かあった時には、

211207

ブーさんのその新聞を借りないといけなくなるかもしれません。


← 対価はカリカリで。
このエントリーをはてなブックマークに追加

日中は良い天気でしたが、夕方から雷を伴う大雨になったボルトンからこんばんは。

さて。

昨日の続きですが、超人ハルクの朝は早く。
8時に玄関のベルが鳴りました。
わたしはパジャマ姿のまま、電源確保で延長ケーブルを窓から通したりして、作業開始。

裏庭の時は「コンクリ、思ったより薄かったから」とつるはし一つで床を叩き割っていたハルクですが、さすがに今回はドリル使用。
最近はアシスタントにメタルTシャツを着たお兄さんを雇っており、2人で作業なので効率が良いようです。

余分なものをさっさかスキップに放り込んだ後は、

210804a

砂利を敷き、

210804b

砂を敷き、水はけが良いように多少傾斜をつけ

210804c

あっという間に完成です。

午後の3時頃には作業も終わって、爽やかな汗をかいたハルクとアシスタントは周りの片付けもきちんとして帰っていきました。
帰って少しして大雨になったので、ハルクは晴れ男でもあるようです。

残念ながら、やっぱりコーピングの石は見つけられなかったそうで、両隣が塀に使用しているような建築当時(1904年)のオリジナルに近い石材を探すとなると、リクレイマーなど廃材リサイクル業者を当たるので、なかなかぴったりのモノに出会うのは難しいようです。

石探しは今後も続けてくれるということなのですが、とりあえず我が家は塀に乗るちびっ子に気を付ける生活は続く模様。
しょうがないね。

この家に引っ越してから15年かけて今ココですからね。
石ぐらい気長に待つよ。

以前あった段差も無くなり、狭いながらも少し広々となったので、植物期の中年は鉢植え設置なども検討する予定です。


← まあ枯らすんだけどさ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は久しぶりに1日晴れ間だった北西部からこんばんは。
それでも気温は20度程度。
わたしの身体が正常に機能するのは24度くらいからなんですよね…。
知ったこっちゃない、というのは重々承知なんですけどね。
移住する国を間違えたのかもしれません。

さて。

今日は朝からお届け物が立て続けにありました。

まずは、我が家のちんぴら兄妹のごはん&トイレ砂が巨大段ボールで届きまして。
その後に

210803

スキップが。

DIYだの家じゅうのリフォームだのがそれなりの頻度で行われるこの国では、大量に建築用材などの不要物が出るという時は、こうやってスキップという巨大ゴミ箱を借ります。

家に広大な敷地やフロントポーチがあるという場合は別ですが、基本借りている間は路上に留め置かれます。
期日が来ると、業者が専用トラックでやってきて片付けてくれる、という仕組みです。

で、我が家が何を目論んでいるのかというと、以前も話題にしましたが、猫の額の前庭(?)のリフォーム。



超人ハルク(庭師)、休みも取ってまた働き始めることにしたようです。

これまでは、土の部分に小石を敷いて、隙間から生えてくる雑草を抜く以外は極力メンテナンスいらず、をモットーに維持してきたのですが、もうこの状態にも飽きてきたのと、低い塀の上に乗っているCopingと呼ばれるかぶせの石が割れてぐらぐらし始め危険、というのもあり、なんとかしようと重い腰を上げた次第です。

このCopingの上を通りかかったちびっ子がたまに乗ったりするので、これで万が一石が外れて怪我をする、なんてことになったら誰の責任なのさ、というのもあり。

さらなるメンテナンスフリーを目指す以外、特にこれといった強いこだわりもないので、裏と同じように石畳にする予定です。


← ずぼらの勝利。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ