カテゴリ: 引越・リフォーム・家

夕方突然のあられ・みぞれになった北西部からこんばんは。
いきなり空が冬の色ですよ。
そして少しの間、さんざん降った後は青空になりました。
翻弄するねえ。

さて。

今日は仕事も朝からバタバタしていたのですが、夫のコロナ騒動で延期になっていた飾り棚付けやワークトップのやすり掛けのために大工さんがやってきており、電気やすりやドリルの音などが家じゅうに響き渡っていたので、午後からは職場へ避難。
帰ったら帰ったで、1階部分がホコリまみれで般若の顔で掃除機をかけておりました。

現場監督をしていた夫は夫なりに片付けたりしてくれてはいたのですが、ほら、普段は洗濯はマメにするのに、掃除にはあまり積極的には手を出さないタイプなので、なんだか頓珍漢な頑張り方をしており(キッチンの床を拭いて力尽きて、ダイニングとホールはザラザラのままで放置とか)。

本当に身内といえど人に過度の期待はしてはいかん、と自分を戒めた次第です。
年に数回思い知るのに、すぐ忘れてしまうなあ。

まだ、壁やら棚の上やら、うっすらホコリが残っているのですが、もうそれは週末にお預けです。

オマケ。

220331

散歩道の白鳥。
周りの植物をちぎっては積みちぎっては積みしているので、おそらく巣作りをしている様子です。

でもこんな至近距離&丸見えなところで大丈夫なのかしら。
人慣れしてるからかな。


← 人(鳥)ごとながら心配よ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

朝からしとしと雨が降っているボルトンからこんにちは。

週末なので優雅に朝食と、ベッドで食べていたのですが、コーヒーの粉が喉に引っかかって朝からオッサンみたいな咳をしています。
全然優雅じゃない。

さて。

昨日はやっと窓屋さんのショールームに足を運び、どれにするかを決めてきました。
見たところで結局見積もり的には一択だったのですが、見た目は木のようだけれども現代技術によりメンテナンスが楽な素材の窓というのがあり、あら、これは素敵じゃない?なんて言っていたら、

「あー、そちらですとお値段は見積もりの倍になりますねえ…」

おう。

「古いお屋敷やコテージなんかで、窓が浮かないようにするために使われる場合がほとんどですよ」

我が家はお屋敷でもなければ、温泉のようにお金が湧いてくる銀行口座を持っているわけでもないのでね。
窓の世界は相場がありそうでなくて怖い。

その後、久しぶりに中華系スーパーへ寄り買出し。
キューピーマヨネーズとしめじの買い置きのためです。

数か月前に3.95ポンド(約600円)だったマヨネーズは、今年に入り4ポンドを超え、昨日のお値段は4.25ポンド(約650円)。
上がるね〜。
普通にスーパーで馴染のHellmann'sのマヨネーズを買えば、430ml入りで1.5ポンド位なのでキューピーを選ぶのは、窓に倍の値段は出せない庶民の数少ない贅沢です。

このマヨネーズに限らず、日常使いのスーパーでも燃料費の高騰などを理由に物価がどんどん上がっている昨今ですので、致し方ない。
現在ガソリンが近所でリッター1.55ポンド(約240円)するご時世です。

220312

さ、はたらこう。


← 勤労あるのみ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

暖房が切れた途端に冷えてくる北西部からこんばんは。
もう寒いのにも飽きてきましたよ。

さて。

今の家に引っ越して来てもうすぐ16年になるのですが、そろそろメンテナンスに本腰を入れようか、という話が夫から持ち上がり。

一部を除いた家の窓は全て当初から防音・防寒のために二重窓になっていますが、北向きの部屋の窓のシーリングがめくれてきたり、窓が開きづらくなったりと怪しげな兆候を見せ始めています。
引越し当初からこの窓だったので、これがいつ頃設置されたものなのかは不明です。

ただ、じゃあ早速業者に見積もりをと思っても、イギリスで二重窓(ダブルグレージングと呼ばれます)の業者、と言われて咄嗟に頭に浮かぶのは、

悪徳…?

いや、清く正しくお商売をしているところももちろんあるはずなのですが、どうしても世間の耳目を集めるのは悪い噂話になりがちです。

雑な仕事、粗悪品、ぼったくりから詐欺まがいまで、一時は色んな話を聞きました。
最近は見かけないので恐らく規制されたのだと思うのですが、昔は訪問販売などもしており、もうそれだけで怪しさ満載(偏見)。

というわけで、見積もりをいくつか取るにあたり、隙を与えないという意味でも「外国人」で「女性」のわたしは残念ながら大変不利なので、ここはひとまず夫に矢面に立ってもらう予定です。

わたしは後ろから援護射撃係。

220210

なんならブーが話をつけますよ?


← そいつはありがてえ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ