カテゴリ: 文化・カルチャー

寝苦しかった夜も今は幻、の北西部からこんにちは。
昨夜にはすっかり気温が下がり、今朝の温度は16度。
日中の最高気温は21度だそうです。

わたしの夏は終わったのかもしれません。
スーパーの宅配注文に勢いでスイカを追加で入れたのですが、届くころには自分の浅はかさを呪うことになりそうです。
冷蔵庫に入らないしね。

さて。

アレ、見ましたか?
わたしは見ましたよ、オリンピック開会式。

仕事中だったので、後ろのテレビで流しつつながら見。
全体的に自粛と祝祭の折衷案をとった結果、ああなりました、という感じでしたね。
過去の他の国の爆発的なエネルギーや疑いや迷いのないポジティブ祭り、という開会式と比べると、かなりトーンダウンしたものでした。

世相を反映するという意味で、物足りなさは感じてもこれはこれで正解なのだと思います。
英紙 Guardianはジョンレノンの「イマジン」を使ったチージーなポップビデオ以外は好意的にとらえたようです。







削って削ってあの形になったのだとして、オリンピックの開会式が開催国のアイデンティティショーケースになりがちなのだとしたら、「日本とは何ですか?」という疑問を突き付けられた感じがして、しばし考え込みました。
そもそも博覧会の体は狙っていなかったのかもしれません。

そこを巡回しだすと長くなりそうなので、いったん置きますが、ドローンの演出は「おお!」と思いましたし、ピクトグラムの仮装大賞感はあれは長野五輪の欽ちゃんへのオマージュということでいいですかね。
違うのか。

「みんながんばったんだよ〜う」

あと1点で合格なのに、という世界への媚かな。

210724

しらんけど。


← そして日常へ戻る。
このエントリーをはてなブックマークに追加

そこまですかっと青空ではないものの、気温はそこそこだった北西部からこんばんは。
ただ、今晩はマイナス2度まで冷え込むらしいですよ。

イギリスはここ数日、フットボールのヨーロピアンスーパーリーグ設立頓挫ニュースに湧いております。
こんなにファンはもちろん、あっちこっちの関係者があからさまに猛反対する計画が、大失敗とは言えよく日の目を見たなあと、特にフットボールファンでもない完全部外者のわたしは柱の影からなんだなんだと傍観しつつ思うわけです。

昔ばなしに出てきそうなクラブオーナーの強欲っぷりと、彼らがイギリスフットボールの地元民との文化的な深いつながりを軽んじたのが敗因でしょうか。

それにしても、世界で最も稼いでいるであろうフットボールチームのオーナー全員がそろいもそろって判断を見誤ったというのは経営者としてどうなのさ、と思ったりもします。
まるで季節外れの花火のように、ボーンと上がったと思ったら一瞬で消えていきましたよ。
たーまやー。

さて。

本日の数枚。

今日、昼間に薄い荷物が届き、夫が

「面白そうだと思ってさー。一緒に聞こうよ」

210421a

1903年〜1912年(明治36年〜大正元年)に日本で初めて商業目的に録音された音源を集めたレコード。
録音したのは、アメリカ人録音技師、Fred Gaisburgさん。



新橋の芸者さんのかっぽれだとか、柳家小さん(年代的におそらく3代目)の浮世風呂、義太夫に浄瑠璃などなどと当時のエキゾチックジャパンが詰まっております。
明治のころは技術的にそんなに長くは録音できなかったようなので、1曲(?)は短めです。

210421b


当時の音源なので雑音もかなり入って音質も良くはないのですが、たまに入る話声などが今の日本語のしゃべるテンポと変わりなく、これが100年以上前の音だと思うとなんだか不思議な感じです。


← 三味線っていいよね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

天気予報が当たり、きれいな大空になった北西部からこんばんは。
その分気温は下がりました。

さて。

最近、夫がNetflixで見つけてきたもの。

アニメ版『デスノート』

日本の皆さんには今頃?という感じでしょうが、夫婦で楽しんでおります。
現在エピソード7まで観たところ。

何となく、そのタイトルから「名前を書かれた人が死ぬノート?」とざっくり想像していたわけですが、そのざっくりがあながち外れてなかった、という話。

イギリスにも漫画やコミックスは一定のファンがおり、専門店などもありはするのですが、まだいわゆる「Geek」や「Nerd」のオタクの域を出ておらず、日本の様に"普通"の大人が最新刊が出るのを心待ちにするという程の浸透度には達していません。
フランスなどはバンドデシネなどのカルチャーが元々あるせいか、もっと一般に浸透している印象がありますがどうだろう。

イギリスではアニメというと、ピクサーやディズニーなどに代表される「大人も楽しめる場合もあるが基本子供のもの」というイメージを持っている人がほとんどだと思われます。
『ウォレスとグルミッド』などはもうちょっとほんわか大人よりかなぁ。

それに対して『デスノート』のストレートな邪悪さよ。
なんだか昔見ていたデビルマンを思い出しました。
デビルマンのエピソードは何一つ思い出せないのに。

最近は、夫婦でお互い何かしでかすと、「デスノートに書くぞ…」とすごんでいます。

201119a
ジェマはデスノートは持ってないけどね、こころの閻魔帳はあるのよ。

201119b
フフフフ…


←こわーい 。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ