カテゴリ: どうぶつ・生き物

朝は雨模様でしたが、夕方から晴れてきた北西部からこんにちは。
外が暗くなる前に歩こうと飛び出したら、風が冷たくて耳が「イーっ」となりました。

さて。

我が家と同じ通りのちょっと先に、最近新入りさんが仲間入りしたようだ、という話を夫がしていたのですが。

210929a

やあやあ、遊びに来たよ。

夕方のごはんの時間にやってきて、風にふさふさ吹かれながら、ジェマがごはんを食べる姿を2日続けて眺めにやってきました。

210929b

黄色の鈴付きカラーをして、長屋裏の安全なテリトリーを探検中。

210929c

ジェマはお友達ができてうれしくって気が散っちゃって、もう自分のごはんのことは忘れています。

ブーさんは2日目にチラ見をしただけで、すぐ自分のお皿に集中。
1日2回の一番大事な時間だからね。
それどころじゃない。


← また遊びに来てほしいなー。
このエントリーをはてなブックマークに追加

現在、そこそこの青空が見られるボルトンからこんにちは。
まだ明るい今のうちに、歩きに行こうかどうしようか。

さて。

昨年手に入れたワイヤレスヘッドフォン。


この辺で。

宝の持ち腐れにもならず、仕事に使ったり、プライベートに使ったりとなかなか役に立っております。

家で掃除機をかける時にも、これだと以前のように床にしゃがんだ拍子にコードが膝に絡まって、ああ、転んでしーまーうー、なんてこともなくなりました。
掃除機の騒音(こちらの掃除機は音が大きいです)を抑えてくれる、というのも良い。

ただ、1点だけこれはなあ、というのを挙げるとすると。

夫が横の部屋で怪しげな音楽を聴いているとか、ネット会議で大声でしゃべっているということがない限り、基本的に家の中は静かなので、常時ヘッドフォンをつけているわけではなく、必要に応じて装着します。
長時間着けるとなぜか頭のてっぺんが少し痛いというのもあり。

そうすると、こちらから仕事仲間にTeamsなどで連絡を取りたい、という時はヘッドフォンの準備をまずしてからかけるので問題ないのですが、逆に相手から突然かかってきた場合。

呼び出し音がPCから鳴っている間に大慌てで机の横にひっかけているヘッドフォンをひっつかみ、電源オン。
そして、おもむろに応答ボタンをクリックするわけですが、Bluetoothって瞬時には繋がらないんですよ(←常識かな?)。

このパソコンが機器を探知して接続している間の数秒間、向こうはわたしが電話に出たと思っているので、

「Hello?」

と確認を取ってくるのですが、わたしからは無音。

で、先に耳の方が繋がって相手が

「もしもーし?聞こえてる〜?ハロー?」

と言っているのは聞こえるのに、マイクがまだ繋がっておらず「聞こえてる聞こえてる、ちょっと待って、すぐ繋がるから〜」と相手に聞こえもしないのに毎回パソコン画面に叫ぶ、という。

小心者を無駄にドキドキさせます。

その点有線だと、ケーブルを差し込んだとたんに繋がるので、なるほどハイテクも一長一短であることよ…。


オマケ。

210921

「おう、いいねー、散歩かい?」

先日出会った人慣れしたガチョウ氏。


← 撮り放題。
このエントリーをはてなブックマークに追加

夕方から青空が広がるボルトンからこんにちは。
9月突入。
ここからが早いんだよねー。

さて。

せっかくのお天気を無駄にするまい、と夕食前のウォーキングへ出かけました。
ロックダウン以降、近所の貯水池は突然運動することに目覚めたわたしのような人たちでごった返し、むしろ密です、という状態だったため避けていたのですが、さすがにもう最近は落ち着いてきたようです。

210901a


歩道は元々大人2人が並んで歩けるギリギリくらいの幅で、夏の間にかなり植物が延びてさらに道幅が狭まっているので、反対から人が来た時は、場所によっては土手に斜めになって譲り合う、という感じです。

時間帯もあるのか、犬の散歩をしている人が多く、常連さんと思われる犬同士が飼い主と一緒におしゃべりしていたり。

そして、今日わたしは犬にモテモテでしたよ。えへへ。

最後の方に出会った白いヨークシャテリア(たぶんまだ若い)は、前方を歩いていたのですが、曲り道でわたしの存在に気が付くと、明らかに顔がパ〜っと明るくなり、リードをつけたままわたしに向かって逆走しようとするので、気づいていない飼い主に止められ、それでも諦めきれないのか、今度は道にぺたんと座り込んで、両手をグッと地面にめり込ませ

「あのヒトの匂いを嗅ぐまでぜったい動かないー!」

と頑張っていました。

結局また飼い主が戻ってきて、はいはいはいと犬を抱え上げてしまったのですが、飼い主の肩越しにわたしの方を何度も何度も振り返るので、もうこれは全速力で追いかけてご挨拶したい(犬に)!と思ったわけです。
ただ、そんなことをしたら確実に通報案件なので、そこは心を鬼にして急ぎ足で後を追い、分かれ道でこっそりバイバイをして一人ニヤニヤしながら家路につきました。

途中で脱いだ白いフリースを腰に巻いて裾をひらひらさせ、ごつめのヘッドフォンをしていたので、「大きなイヌ(仲間)」と思われたのか?と思ったりもしましたが、それはそれでいいじゃないか。

210901b

太陽をおなかいっぱい浴びる鴨&あひるファミリー。


← かわいかったなー。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ