カテゴリ: ジェマ

イースター休暇の4連休はうす曇りから始まっているボルトンからこんにちは。
でも気温は2桁。現在の気温は16度です。
悪くないじゃない。

毎年イースターの時期は微妙に変わるのですが、仕事的にはちょうどよく収まった感のある今年。
ある程度片付いてから、お休みに入れるのは「ひとやすみ」感があって良いものです。

ここ何年かは「今じゃない!」という時に祝日が入り込んでしまい、いろんなスケジュールがパツパツになっておったのです。
久しぶりの解放感を味わおうと思います。

さて。

昨年あたりから、気になるなーと思っていること。

イギリスの各種メディアに登場するコマーシャルというのは、映像技術なども含めて、その時の時代背景を踏まえた「トレンドだ」と判断されているものが盛り込まれていることが多いと思うのですが、最近盛り込まれ気味だなあ、というもの。

東アジア人。

パンデミックが始まってから、北米などでは特に東アジア人への差別行為が顕在化し、Black Lives Matterからの世論のムーブメントを汲みつつ、いつもは大人しい(と思われている)東洋人がついに声を上げる、というような一連の事象があったと思うのですが。

その辺りから突然、イギリスでも

「そういえば、いたね、東アジア人」

膝を打ったメディア関係者(たぶん)。

そこからは、大手会社のテレビコマーシャルの中心キャラに東アジア人が起用されることがグッと増えました。
これまで全くいなかったわけではないのですが、いつもその他大勢、ダイバーシティを打ち出すためには一応置いとこうか、くらいの位置に控えめにいた東アジア人が、俄かにセンターに立ちだしています。

イギリスで一般的に「アジア人 Asian」というと歴史的にインド・パキスタン・バングラデシュのバックグラウンドを持つ人のことを指すので、人々の認識の中に「Asian = 東アジア人含む」という図式はこれまでなかったと思われます。
それくらい、イギリスで東アジア人の存在感は薄いということです。

市井の人々の東アジアとのつながりは、町のチャイニーズテイクアウェイ(お持ち帰り専門の中華屋さん)くらいです。
チャイナタウンのあるロンドンやマンチェスターはもう少し浸透度があるかな、くらい。

なので、以前にも書きましたがNHS(国民保健サービス)で医療を受ける時に「エスニックバックグラウンド」の欄は、「Chinese」はあっても「東アジア人」はなく、中国以外の東洋人は「その他」という謎の選択肢なのです。



メディアの力は侮れませんので、こうやって少しずつ東アジア人が世間に刷り込まれていくことで、そのうち

「人種の欄で中国人一択はくくりが雑過ぎるな」

と気づいてくれる日が来るのかもしれません。

220415

一瞬の流行りで終わる、という可能性も捨てきれない。


← 確かに。
このエントリーをはてなブックマークに追加

夕方、真っ青な空をちょっとだけ拝めた北西部からこんばんは。
あんな空は久しぶり。

さて。

週末になってもどこに行くわけでもなく、何をするわけでもなくという日々が3年目に突入している我が家ですが。
いや、夫はなんだかんだと平日に出かけたりもするので、我が家と言うよりわたしがです。

たまに「お金を使うぞ!」と言って買うものは、猫のごはんだったりマスクだったり延長コードだったりするわけですよ。
猫のごはんもマスクももちろん大事ですけども(延長コードは微妙)。

で、まだまだ当分はこんな生活が続くんだろうなあと思いつつも、コロナ禍が落ち着いた暁には何がしたいかなあ、と考えました。

真っ先に浮かんだのは、

「マッサージに行きたい」

でした。

椅子に座るタイプでも、パンツ一丁になるタイプでも、足だけでも何でもいいからグリグリ揉まれに行きたい。
今はさすがに一緒に住んでいない人と、個室で密着1時間というのはちょっと憚られるのでね。

220413a

ジェマもマッサージいきたいなー。

あなたはいつでもマッサージしてもらってるじゃないですか。

220413b

そうだった、ジェマには人間という下僕が…。


← いつもお姫様待遇。
このエントリーをはてなブックマークに追加

日曜日は晴れますよ、と言っていた割には午後になって雲が出てきた北西部からこんにちは。
朝起きたら、向かいの長屋の屋根に霜が降りており。
いつになったら暖かくなるのさ。

さて。

4月は新年度という人も多いかと思いますが、わたしもそういえば新年度。
イギリス生活も25年目に突入です。
始めにインターンとして地元中高校にボランティア派遣されたのが97年4月、翌年帰国して大学に復学し4年目を修了後、再渡英をしたのが99年4月でした。

滞在数年のころは、20年越えなんて永遠のような長さに感じていましたし、そもそもそんなに長くイギリスにいるのかどうかもわからず、毎日なるようになるさと生きていたので、そんな生き方で四半世紀。
時間はみんなに平等ですが、早いなあ。
どうりで周りの知り合いの子供が次々と大人になり、子育てを終了しているわけですよ。

最近は「イギリスにもう何年住んでるの?」と聞かれても、年齢を聞かれた時と同じで、ええ〜と〜と咄嗟には出なくなってきました。

年齢を重ねたというのもあるのでしょうが、外国生活といういう意味でも、人生という意味でも色々なことが楽になり始めたのは21〜22年目あたりだった気がします。
そう考えると楽になってまだ3年。
年を取るのも悪くないと思えるのはこういう心境の変化があるからなのだなあ、と。

以前も書いたような気がしないでもないですが、わたしの昔の予想では、四半世紀の海外生活を経ると、女性はぱっつんおかっぱになり、淡い色付きサングラスをかけ始めると思っていたのですが(超偏見)、今のところそのどちらもまだ起きていません。

いつもわたしの見かけなど全く気にしない夫が、

「そろそろ髪は切った方がいいかもね〜」

やんわり指摘しだしましたので、次回の散髪でわたしはおかっぱになるのかどうか。

220410

こうご期待!


← どうかなあ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ